融資を受ける条件とは

銀行から融資を受ける

不動産投資でも、銀行から融資してもらってスタートすることは珍しいことではありません。
それどころか、銀行からの融資を基本として動産投資を進めるのは、基本的な手法です。
ですが、銀行から融資を受けるということが、どのようなことなのかなかなか認識しづらい部分もあります。
銀行の融資にも種類があるので、改めて考えておかなければいけないでしょう。

融資の種類

銀行からの融資には、二つの種類があります。
その一つが、信用保証制度による保証付き融資と呼ばれる方法です。
信用保証協会が保証人になってくれるという方法で、万が一返せなかった時に信用保証協会が一時立替をしてくれます。
原則ですが、連帯保証人を立てる必要がなくなるところが、大きなポイントでしょう。
当然、融資額には上限が設定されますし、信用保証協会に信用保証料も払わなければいけません。
色々と条件が付けられますか、全て満たすことが必要で、申し込みをする信用保証協会の管轄下に実績がないと保証を受けることができないのです。
厄介な方法ですが、不動産投資でもうよく利用される融資の方法と言えるでしょう。

もう一つが、プロパー融資と呼ばれている方法です。
プロパー融資は、信用保証協会の保証がありません。
その分、連帯保証人が必要になります。
抵当権の設定も求められますが、銀行保証協会に払う費用がなくなるのが大きな特徴です。
融資の上限設定もないのも違いと言えます。

金利を決めている条件は

不動産投資でも重要になるのが金利の問題でしょう。
銀行は金利によって影響を受けるため、必ず設定されることになりますが、指標があるのでこれに従います。
上限金利も定められており超えることはありません。
そのため、どこの銀行でもほぼ同じような数値が出てきます。
ただし、わずかにでも差が出てくるので、融資金額が大きくなったり長期融資になると不動産投資でも影響が出てくるのです。
金利も一定ではなく変動しますが、日本政策金融公庫の主要金利一覧を確認すれば大体の予測はつくでしょう。

できるだけ金利を下げて融資を受けたいとした場合、様々な交渉をすることになります 。
市場金利が下がってる時に借りるのが最も正しい選択になるでしょう。
しかし、変動してくるため、いつでも市場金利が低いということはありません。
銀行としては信用を重視します。
金利とはリスク管理の一つであり、返済してもらえない可能性のあるところには高く、リスクが低く安心できるとこには下げて設定するのです。

そこで、書面添付制度なども利用できます。
決算申告書に添付する書類ですが、税理士が作成して添付するため、透明度の高い決算業務であることを証明する内容です。
銀行としても確実性が高いと判断できるため、信頼性が上がりますが、当然費用が発生します。

融資を確実に受けるため

融資を確実に受けたい場合には、やはり様々なポイントが出てきます。
最も重要なのは、返済能力があることを示すことです。
返済能力などは様々な条件で判断しますが、これまでその銀行と取引実績があるというのは、大きなポイントになるでしょう。
資金繰りの表などを添付する必要もありますし、これから先の事業内容と事業計画書は必須条件です。
銀行も共倒れするわけにはいかないのですから、審査に通るための書類は揃えておく必要があります。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。