擁壁とは

不動産投資と擁壁

不動産投資に活用する住宅を購入する場合に必要な条件は色々とありますが、擁壁も大事な要素となってきます。
あまり知られていない要望等は言えますが、これから雨の多いシーズンとなった時に、擁壁の存在は相当大きなものに変わるのです。
今後の費用にも関わる重要要素となるため、押さえておかなければいけないポイントと言えるでしょう。

擁壁用水抜きパイプ用目詰まり防止材

擁壁とは何か

そもそも擁壁とは何かと言えば、コンクリートや石などによって作られた壁状のものを指しています 。
土留めなどと呼ばれているのも実は似たような存在であり、もっと長期的に構造が食べられるものを擁壁と呼んでいるのです。
なぜ作られているかといえば、斜面の崩壊を防ぐためにあります。
土は横に圧力がかかるため、流れ出ていくのを止めなければいけません。
特に高さが高くなっていけばいくほど横にかかる圧力が強まるため、耐えられるように作られる擁壁が重要な意味を持つのです。
土木工事の一つとして行われますが、隣同士に高低差があるような土地の場合には絶対になければいけないと言っていいでしょう。
斜面にある土地を平らに活用をするためにも必要となります。

擁壁にも色々な種類があり、自然にある石を積み上げたようなものから始まり、コンクリートで固めたものまであります。
現在の法律上は、自然石を積み上げたようなものは擁壁として認めていません。
コンクリートで固める必要があり、一定の強度を保たなければいけないからです。
同時に排水設備も持たなければいけません。
内部にたまった水の逃げ場がないような擁壁は、いずれ圧力に耐えられなくなるからです。

これらの要素を知るだけでも、不動産投資において擁壁を知らないのが怖いという事情が分かるでしょう。
安全に暮らしていくためにも擁壁が必要となるのです。

誰も教えてくれない 不動産売買の教科書

擁壁が適合しているかどうかも確認

不動産投資において擁壁は大事な要素ですが、注意しなければいけない点も数多くあります。
ただ擁壁があれば安全というわけでもなく、コンクリートと同様に時間とともに劣化が進むのは忘れてはいけません。
不動産投資の場合には中古物件の購入が多くなりますが、あまりにも古い擁壁の場合で炊い役に立たない場合もあります。
この場合には擁壁を作り直すといった方法が必要となるため、驚くほどの出費が伴うケースが出てくるのです。

擁壁の存在が境界線となっている場合もあり、近隣トラブルの原因となるケースも出てきます。
後から作る場合には特に問題が発生しやすく、どちらが費用を持つのかといった例もある点に注意しなければいけません。
元々擁壁があったような場所の場合にも、修繕費用の問題が発生します。
自分の不動産を守るだけではなく、相手の不動産も守るのが擁壁となるため注意が必要です。

擁壁も適合しているかどうかの問題があるため、購入する際には不動産業者に確認する必要があります。
不動産業者で判別がつかないようなものは行政に確認しましょう。
特に増築する予定がある場合には、しっかりと確認しておかなければ後から多大な出費が発生するかもしれません。

不動産取引における 傾斜地・がけ地・擁壁の法律と実務

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。