ウォークインクローゼットの魅力

魅力を高めるウォークインクローゼット

不動産投資で物件に様々な魅力を付加していくのは重要な意味があるでしょう。
入居者が魅力的だと感じなければ、空室率はいつまでたっても下がらないからです。
そのための対策はいくつもありますが、部屋の利便性を高めるためのウォークインクローゼットも注目されるようになりました。
うまく活用できるようになれば、空室率がネックの物件も生まれ変わるかもしれません。

ウォークインクローゼット収納シリーズ

デッドスペースの活用にある

ウォークインクローゼットとは、デッドスペースを利用した収納庫です。
部屋のままでは使い道のないような小さなスペースも、クローゼットとして独立させてしまえば利用価値が出てきます。
例えば座れないようなスペースしかないようなところでも、収納庫を表に出させ隠せるようになっていれば、利用価値が大きく変わってくるのです。
実際には空間の利用方法の一つではありますが、ホーキングクローゼット WIC と書いてあるだけでも違いが出ます。
このポイントになるのは、備え付けの収納庫があるというところです。

例えば単身者向け住宅であった場合、ウォーキングインクローゼットがあれば、家具を一つ購入しないでも済むでしょう。
それも表に出ないように収納できるスペースがあり、 荷物も持って入れるようになっていれば大きなアピールポイントになるのです。

ウォーキングインクローゼットなどと呼びますが、実際にすごいものであるとは限りません。
ただのデッドスペースに棚を取り付けるだけでも、利用者はうまく使えるかどうかを考えます。
このような選択肢の幅があるというのが、不動産投資用の住宅で重要なポイントになるのです。
何もなければただの空間としてしか見てくれません.
そこに違いを生み出すのです。

クローゼット(ハンガーラック)

ウォークインクローゼットの注意点

ウォークインクローゼットには色々な方法があります。
問題はその幅を理解するところにあるでしょう。
どのようなペットスペースであっても、人間が出入りできるかどうかがポイントです。
人間が動くためには最低限60cmのスペースがなければならず、棚を取り付けた時にこれだけの幅が確保できるかどうかが分かれ目になります。
どうしても狭い空間しか取れない場合には一番奥のスペースに棚を置き、手前側には熱い店などでカバーするといった方法もあるでしょう。
逆に奥行きがない場合は、ウォークインクローゼットにするのではなく単なるクローゼットとして扉をつけて見えないようにするといった方法もあります。
人が入れるというだけが重要なポイントではなく、余計な棚などを見せることなく利用できるという収納庫の役割が大切なのです。
うまく取り付けができるのであれば、不動産投資の大きなアピールポイントに変わってくれるでしょう。

ムシューダ 1年間有効 防虫剤 ウォークインクローゼット専用 3個入

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。