バーチャル見学とは

仮想現実を活用して行く方法

コロナウイルスの影響もあり、不動産投資の物件のあり方にも変化が出てきました。
気になる物件があっても、内覧に行きたくても行けないという状況も出てきます。
引っ越しを考える上で内覧はとても重要な意味を持ちますが、カット割りされた写真だけではどうしても伝わらない部分が出てくるのは間違いありません。
アピールの方法としても色々な形を考えなければいけませんが、最近増えてきているのがバーチャル見学と呼ばれる方法です。
仮想現実であるバーチャルをうまく活用した方法で、これから先の不動産投資でも活用していくべき技術の一つといっていいでしょう。

Insta360 GO インスタ360 GO 360度アクションカメラ 20g小型カメラ 全天球スポーツカメラ

海外でも始まっているバーチャル見学

バーチャル見学の形は海外でも通用がスタートしています。
特に別荘地など遠隔地の物件を調べる場合に活用されていました。
直接訪れずにすむため時間の節約にもなりますし、利用者としても便利です。
VRの技術を使った方法が多く見られるようになりましたが、日本ではそこまで普及しているとは言えません。

オンラインミーティングツールを使った見学方法もあります。
現地のエージェントが案内してくれる方法で、その場でいろいろな情報を見せてもら L ので便利です。
こうした方法は様々な形で浸透してきていますが、現在のコロナウイルスによる影響かを考えても利用価値はさらに高まることでしょう。
問題は今の日本の不動産投資の状況に対してマッチングするかどうかです。
遠隔地の情報は知りたいと思っても、そこまで活用できるとは言えない部分も出てきます。
そこでもっと手軽に利用できる方法として出てきているのが、360度カメラを使った動画です。

RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー+RICOH THETA スティック TM-2 シータスティック 自撮棒 360度カメラ用 5段

360度カメラを使って臨場感をアップさせる

360度カメラを使うことによって様々な情報が手に入るようになります。
普通に写真を撮ったのと全く違う情景が見えるようになり、入居者からすれば多くのヒントが得られるようになるでしょう。
バーチャルな空間を作らなかったとしても、疑似体験できるような内容となってきます。

旧態依然とした技術だけで物を伝えようと思っても、限界が訪れるのは当然です。
現在の技術に合わせた方法でアピールできれば、効果は自然と高まるでしょう。
実際にカメラの値段も下がってきており、スマホなのでも有効に使えるものが出てきています。
これらの技術を活用することは、 今後の不動産投資において必須条件となるのは間違いありません。

RICOH デジタルカメラ RICOH THETA m15 (イエロー) 全天球 360度カメラ

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。