東京ドイツ村に行ってきました

こんにちは、子連れメスオオカミの不動産投資家コージーです。

さて、千葉なのに東京のつく一大テーマパークといえば?
東京ドイツ村」ですよね。
100人中90人が、きっとそう回答するでしょう。
車のまま入園でき、園内各所に駐車できるというシステムを前に、マイカーのない私は途方に暮れるのみ。友人家族のマイカーに便乗させてもらい、行ってまいりました。

しいたけ狩りができる

940円分

到着するなり、「よし、しいたけ狩り行こう」って、テーマパークで普通なりませんよね。
しかも「ご自由にお入りください」という看板を左手に入場すると、「本日のしいたけ狩りは終了いたしました」という看板が右手にあり(日曜午後0時半時点)、だが、しかし、しいたけ狩りができたんです。
100グラム200円で、940円分を購入。

一瞬混乱した看板

「東京なのに千葉なの??」に似た、狐につままれたような気分でしたが、帰宅後、トースターであぶり、しょうゆとマヨネーズで食べたら、間違いなく、おいしかったです。
木の葉とかにはなっていませんでした。

しいたけ狩りは夏季除いて楽しめるそうです。
このほか季節によって、みかん、落花生、じゃがいも、さつまいもも収穫体験ができるそうですよ~。

自動運転も体験できる

分かるようで分からないタイトル。3/28までの期間限定アトラクション

丘の上には、たくさん恐竜がいます。以前からもいたのですが、今回は様子が違います。
3月末までの期間限定の有料アトラクションとして、あの無料展示だった恐竜たちが配置替えされていたのです。

そして、無人のカートが走っており、かなり不気味。でも、たまに家族連れが乗っている。それでもなお、運転手は無人。
今最先端の自動運転です!!

「あのカートはどこから来ているのか」
ぐるりと丘を下り裏手に回ってみると、乗り場がありました。
その名も「ジュラジャーマン・ライド」…2000円也…結局、大人2人、子供4人と乗ることに…。

無料展示の恐竜が「有料」に…

こういうアトラクションって佳境部分でフラッシュが光り、記念撮影するサービスがありますよね。
1200円で写真購入をすすめる、あれです。
この「ジュラジャーマン・ライド」も出発直後、フラッシュが光りました。
急斜面にカメラマンがかまえていたのです。マンパワーです。
しかも、素晴らしい笑顔が撮れていました。腕もいいのです。ギリギリのところで買いませんでした。恐るべし。

自然の斜面を生かし、スリリングなコース取りです。
白雪姫と7人の小人たちもいましたが、期間限定アトラクションとは思えない、劣化具合です。小人も数人は失踪状態だったかも。どっかから寄せ集めたのでしょう。ほほえましいですね。
ただ、メインの恐竜たちは近くまで顔を向けてきて迫力がありました。真骨頂。

触れられるほどの近さ!?

ネズミが主役のランドが完全無欠なしつらえでアトラクションを提供する一方で、この「ジュラジャーマン・ライド」は「6割ぐらいの完成度でも楽しめたらいいじゃないか (み○を)」という、絶妙な経営センスが光ります。
「6割の設備・内装でも屋根と壁と床と窓とドア、水回りがあれば、住めるじゃないか (ジム鈴木)」という戸建ての不動産投資に通じるものがあります。

イルミネーションも見られる

イルミネーションも3/28まで

夕方から入場が増えたのは、東京ドイツ村自慢のイルミネーションのためです。
「みはらしだい」から一望することができます。
BGMがですね、Greeeenの「キセキ」の男女混成バージョン、そして、ピアノバージョンのリピートでした。
なんで??
このイルミネーションのタイトルが「笑顔のきせき」なのだそうです。

15周年ということで時をさかのぼるというコンセプト。
ウェブサイトをのぞくと「タイムワープ中です(笑)」って。
なんですか、この(笑)は。運営側が「ちょっと無理ある??」じゃないんだよ。
私たちは真剣にタイムワープしたんだから。

キレイなナマコ

とはいえ、イルミネーションは一見の価値あり。
特に「虹のトンネル」はキレイなナマコみたいでした。

有料アトラクションを回避しても満足できる

ここでの鬼ごっこは盛り上がった。鬼滅にも蜘蛛の回ありますよね

一輪車、竹馬、サッカー、バスケット。
まず小学校の校庭みたいな遊びが一通りそろっています。もちろん無料です。
特に一輪車用の補助手すりがとっても充実しています。
サッカーゴールも、バスケットゴールも設けられています。

なのに、私たちはドッジボールで盛り上がりました。
しかも、友人ママは娘たちが投げたボールをがっちりキャッチし、えげつないボールを速攻で投げ、バチコーンとぶつけていました。
プニプニしたソフトなボールといえ、約2メートルの至近距離。

なんと家のリビングでも、この塩梅でやっているらしく、「液晶テレビの液晶にひびを入れる、または、倒す日が近い」というのが2021年の運勢に書いてあったよ、と間接的に注意喚起しておきました。

楽しいピクニック。ビール瓶を加えることで、乾杯のコーラも黒ビールぽく

というわけで、小学校の校庭みたいな遊具から、多数のターザンやブランコ、ロープのピラミッドまであり、観覧車やミニジェットコースターといった有料アトラクションは意地でも回避したまま、遊ぶことも可能です、お父さん、お母さん。

3月28日まで期間限定の「ジュラジャーマン・ライド」は「2000円じゃなく1000円だったらサイコーだよねぇ」なんて話しながらも、つい乗ってしまいましたけどね。

3/28まで、サンタさんも展示中!!

この創意工夫やゆるさ加減、土地の広さにモノを言わせた大展開は、あの「ハイブリッド・レジャーランド」東武動物公園に通じるものがありましたね。
おそらく、全国各地のテーマパーク再生に一時期、暗躍したコンサルタントが存在したのではないか、とみています。

レジャー(一時払い)と飲食(ブランド品と違い、胃に入る量は知れている)はパーッとお金を投入して楽しむ、でも、最強コスパを目指す、を信条としております。

東武動物公園にも行きました
パレスホテル東京でアフタヌーンティー
キャンプでBBQ
都市型BBQ

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。