トイレの交換

洋式トイレが当たり前の時代

不動産投資で新たな物件を購入して運用する場合、どんな設備が付いているかで、これから先の入居率に違いが出てきます。
我慢できる設備もある一方で、トイレのように初見ではじかれる条件もあるのです。

日本の住宅でも、洋式トイレが当たり前となり、和式だと入居したいと思う人は半減します。
それどころか、かなり少なくなると思わなければいけません。
現在の生活様式を考えれば、和式トイレを使う人はほとんどいません。
こうしたトイレしかないと、リフォームの対象となるのです。

トイレのリフォーム

トイレのリフォームには、2つの流れがあります。

和式トイレを洋式トイレに替える。
洋式トイレを新しい現在の洋式トイレに替える。

不動産投資の物件としては、どちらも大きな意味が出てきます。
トイレが古い状態は、それだけで入居者の目につくからです。

どんなもので取り付けられるわけではないのは注意が必要です。
スペースの問題と水圧が関係するため、どうしても取り付けられないタイプが出てきます。

トイレには、水が必要ですが、設備の形状によっては取付できないことがあるからです。。
これは、タンクの位置の問題で、現在のトイレにはタンクレスタイプもありますが、水が流れてこなければ洋式トイレは使いません。

和式から交換する場合も、水のタンクをどこに置くかで形が変わります。
一般的には背中側に水のタンクを設置しますか、スペースが狭い時には上部に置く方法も取られてきました。
タンクが見えないような一体型もあります。
一体型は通常の洋式の水洗トイレと同じですが、すっきりとした形に組み上がります。
不動産投資としてもスタイリッシュな形になるでしょう。

完全に使わないタンクレスタイプの場合は。タンクそのものがありません。
水道管から直接配管をつなげるからです。
スペースは小さくて済みますが、水圧が低いと使えませんし、電気で水道の弁を閉めるので、電源もいります。
修理も専門の業者でなければできません。
タンクに水を貯めてその力で流すわけではないため、マンションなどの条件ではうまくいかない時もあるのです。
それでも、スタイリッシュな雰囲気を出すなら、これ以上の選択はないでしょう。

費用もかかる

不動産投資で気になるのは、トイレの交換にいくらぐらいかかるか、その費用です。
和式から洋式に変更する場合は、高いと60万円以上かかります。
特にタンクレス方は、洋式に替えるだけで30万円以上の費用が必要です。
一般的なトイレで15万円ぐらいから交換できるので、かなりの価格差が生まれます。

洋式トイレから洋式トイレへ変更をするのなら、設備がそのまま使えるケースも多いため、10万円程度は節約できるのが一般的な見方です。
タンクレストイレにしても、本体価格と設置工事費だけで済む場合が多く、設備工事をしないですめば40万円程度で収まります。

問題は汲み取り式から洋式トイレに変更する時です。
設備自体の大幅変更が必要で、単純に費用計算ができません。
水洗化するため、インフラ整備もいるからです。
これは自分自身でどうにかできる問題ではなくなります。
工賃だけ見れば100万円を超えるケースも少なくなく、非常に大きな負担です。
しかし、利用者側から見ると、水洗トイレの方がはるかに魅力があります。

自治体によっては、水洗工事に補助金が出るところもあり、まずは問い合わせして見るのが大切です。
そこからどのような設備が使えるかを検討しても遅くありません。
その結果、水洗化できるなら、周辺の他の不動産投資などの案件よりも、差別化できる可能性が高まるのです。
これだけで入居率アップも珍しくないため、うまく活用していきましょう。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。