宅建に合格するまでの勉強時間は

宅建の合格を目指す

テレワークなどの時間が増え、資格試験を目指すには格好のときとなりました。
不動産投資をするうえでは、やはり宅建がターゲットになりますが、今だからこそ、どれぐらい勉強すればいいのか気になるところでしょう。
時間があるからといって無限ではありません。
有限な時間の中でしっかりと勉強するのがポイントです。
そのためにも、どれぐらい時間がかかるものなのか、はっきりと考えてみるといいでしょう。

だいたい500時間

宅建は、独学でも合格できる内容の試験です。
不動産投資をするにあたって、知っていれば得するようなことはいくらでもあります。
宅建を勉強する事で、多くのメリットを満たしてくれるでしょう。

独学で合格するまでの目安は、人によって違いがあります。
不動産投資をしている間に、不動産業者と色々と話をする機会があるはずです。
その中で覚えたことをなど宅建を勉強する上で役立つのは間違いありません。
そうなると勉強の時間も変わってきます。

勉強時間の目安になるのが、通信教育がどれぐらいで合格まで導けたかになるでしょう。
通信教育の場合には、勉強の時間がとても重要な意味を持つからです。
各社いろいろと調査を進めていますが、完全な初学者の状態だった時に勉強時間が500時間ほどであると試算しています。
500時間というのは意外に長いもので、1日3時間ずつ勉強しても170日近くかかってしまいます。
毎日勉強できるわけではないとして、半年に近い時間がなければ合格まで至らないという判断になるでしょう。

コロナによってテレワークにシフトしたことで、通勤時間がなくなったする人も多いはずです。
この時間をもう少し活用すると、独学でも十分に合格できる時間を確保できるはずです。

実際に不動産投資などで知識があれば、100時間で合格に達するという人も珍しくありません。
一度自分の知識を棚卸し、どれぐらいの理解度を持っているか考えてみると良いでしょう。

勉強してリスクに備える

宅建の勉強の仕方にはいろいろなものがあります、
独学で苦しいと思った場合には、通信講座を利用してみるのも良いでしょう。
通信教育であれば、不動産投資に色々と時間を取られたとしても、あいている時間を狙って勉強ができます。
テレワークで仕事をしていて、そんな時間取れないという人もいるかもしれません。
しかし、今回のような状況は、不動産投資にとってもマイナスになります。
リーマンショックの比ではないかもしれません。
そういった中で資格の勉強してみるというのは、合格を目指すだけではなく、リスクマネジメントとしても有効なのです。
いざという時に役立つ知識を身につけることで、さらに大きな問題が降りかかってきた時に、この時の努力によって回避できるかもしれません。

みんなが欲しかった! 宅建士の教科書 [スマホ学習対応(例題付)] 2020年度

スッキリとける宅建士 論点別12年過去問題集 2020年度

2020本試験をあてる TAC直前予想 宅建士

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。