耐震構造

不動産投資に必要な耐震構造って何か

収益物件として大切な耐震構造

不動産投資物件を見つける場合にも、耐震構造を持っているかどうかは重要なポイントになってきます。
多くの工法が編み出され、収益物件選びにも重要な意味を持つようになりました。
基準としてはかなり古いもので、現在のかたちになる前は大正時代に公布されたものです。
これが関東大震災によってもっと構造的に堅牢なものでなければいけないことを学びました。
1981年に現在の耐震基準が決められていきます。
これ以前にもさまざまな変更があり、1972年には、鉄筋が丸鋼から異形筋に変わった時期です。
鉄筋コンクリートが大きく変わった時期でもあり、その後の建築基準法にも大きな影響を与えました。

構造として、耐震や免振、制震といったタイプに分かれていきます。
耐震構造としてまとめて扱われることがありますが、内容的に見れば別のものなのを理解しておかなければいけません。
耐震は地震から発生する振動に耐える、免振であれば振動をまのがれる、制震であれば振動を制する構造という意味を考えてみると違いがあることがわかります。
建物としてみても、すべての性能を得ることはできないため、どんなことを狙って耐震構造としているのかを見ていかなければいけません。

耐力は堅さで引き算

不動産投資にとって、耐震構造といった場合には、耐えるということです。
耐えるというのは、耐久力があることを意味しています。
地震があっても耐えられる構造を作られているかどうかでとらえればわかるでしょう。
現在の耐震基準からみると、震度6から7で耐えられる構造を持つかどうかになります。
倒壊したり損壊したりすることがないだけの構造です。

耐震構造は、非常に重要な意味を持ってきたことがわかるのが、阪神淡路大震災のときでした。
古い耐震基準の建物は大半が倒壊したり大破したりしましたが、新耐震基準では7割近くダメージを抑えることができたのです。

必要なことは、堅さが重要になってきます。
揺れがあっても耐えられるだけの堅さを持つかどうかが焦点だからです。
そのための強さを作り出すために、筋交いを入れたりすることも出てきます。
あとから補強することも考えられますが、大事なことは、耐力は回復しない点です。
一旦失った耐力は、そのまま回復することがありません。
工事をしなければ元に戻すことができないため、強い地震を受けて耐えたからといって、次も耐えられるわけではない点に注意しなければいけません。
耐力は引き算となることを覚えておくと、見方も変わってくるでしょう。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。