真壁と洋室風にリフォーム

こんにちは!!
DIYに心折れそうな不動産投資家のコージーです!!

【無気力の突破口その1】
壁紙とクッションフロアのネット通販を発注。
玄関の壁紙は「ターコイズブルー」を勢いで発注。
ウォッシュレット便座と電池式・配線不要のテレビドアホン、郵便ポストも発注。
大工さんに「ついでに」付けてもらいたい、もらう。

【無気力の突破口その2】
大工が入る日を29~31日に決定。結局、相見積もりせず。
ガス業者を決定。複数に問い合わせるも、徹底できず。「エアコン支給」が決め手。

【無気力の突破口その3】
「DIY頑張れるキャッチコピー」と不動産投資のお仲間にリクエストしたところ、
「とりあえず解体から」「塗ってしまえ」「やればできる」「労働力投入っす」
スタンプ「不動産リフォームDIYer」シリーズが送られてきた…

とりあえず週末に現場に行きます。まずはパテ埋め完了ですな。
にしても、本当にツメが甘い。
なぜ、意欲的に動けないものか。
どうやら、私は金儲けがしたいだけで、不動産投資が好きなわけじゃないようだ。
DIYは29日までの完了を目指します。

柱が露出した真壁を洋室にリフォーム

4号ちゃんは居間が、柱の露出した「真壁」である。
築古の居間は「畳+真壁」が定番。

元々の所有者さんは、マメにリフォームしながら住んでいたようで、お隣さんから「屋根も葺き替えたし、外壁も貼り直したのよ~」と教えてもらった。
いいね!!

砂壁の上に直接壁紙が貼ってあった。
柱に囲まれた四辺はコーキングで補強してあった。
ただ、壁紙on砂壁は経年劣化しやすく、ペラペラ、ペコペコ状態だったので、とりあえずはがす。

すると、夫が「YouTubeで石膏ボードで柱を隠して洋室風に変えるのを見た。イメチェンしたい」と言い出す。
言い出すが、具体的な施工方法についての提案は、ない。

私は「リフォームは必要最小限でいい」という考えの下、「板貼り&壁紙」を主張したが、どうせ手間が同じなら、やってみるか、ということになった。

どこにツラ(レベル)を合わせる??

頑張って、解説を書き込みました。

面倒なことが大嫌いな私は、片手間で動画を見て、
「とりあえず、下地の資材を通してボードを貼り付けりゃいいんでしょ」という発想のみで作業を進めた。

で、ツラどこに合わせる??問題、勃発である。
はい、DIYあるあるー、工具や住宅の構造の部位名称が分からなーい。
長押(なげし)でした。
引き戸の上の位置に横に通してある木材、です。
表彰状の額縁とか、部活の写真パネルとか、飾るところ。
これ、構造上の必要性はないらしい。なんと。

しかし、これ撤去できないっす。
実質、アラフォー女の私一人でDIYを進めていたんだから(いや、本当に)
夫は「仕事」という理由で、ほぼ私一人で真壁の洋室化にいそしんだ次第だ。

んで、一番出っ張っている長押に下地のツラ合わせるってことで、そのほかの柱部分の上に余ったコンパネを細長くカットして取り付けた。

廻り縁は長押よりツラが微妙に低く、コンパネon柱でツラを合わせた。

このツラ合わせる問題でかなり頭を悩ませたうえでベストでなく、あくまでベターな結論で進めたところ、夫が言い出した。
「えー動画では、これ(長押のこと)を撤去して柱に合わせていたぜぇ~!!」
言い出しっぺのうえ、肝心の作業現場に立ち会わなかったくせに、ぶっ○すぞ

ついにトンカチとノコギリを入手

えっ今さら??
はい、そうです。

購入したのは、下地のコンパネを設置するのに「コンパネを支える人」と「インパクトでビス打つ人」の二役ができなかった、からである。
はい、下地づくりもほぼ一人でやりました。

トンカチと釘なら一人でできた。
あと、端っこのビス打ちがインパクトがかさばって攻略できず、トンカチと釘でなんとかできた。

ノコギリはミニサイズ。
石膏ボードのコンセントの部分を切り抜く作業に使った。

どこで見切る??

.

ボードがへこみそうだね。

そして、石膏ボードを設置するわけだが、今度は、見切りどこにする問題、である。

結論から言うと、戸当たりまでボード貼り、出窓の柱の上にまでボード貼り…
石膏ボードは厚9ミリ。
そして、91センチ、182センチのところ、縦に並べて貼ると、微妙に10数センチ幅が足りなかった(100センチ必要、とか)

再び登場。縦に2枚並べて済ませたかったところ、4分割を合体させる形になってしまった。

なんで横にしてカットするしかなかった。
いたずらに増えるボードの接続部分。
つまり、パテ埋めの必要性が生じるということだ。

そして、コーナーテープとファイバーテープを

石膏ボードの下地づくりで、さらに必要な材料。
コーナーテープとファイバーテープ。

ボードの端は崩れやすい。
うっかり膝でのってヘコませたり、角をぶつけて崩れさせたり、してしまった。
補強するのがコーナーテープ、そして、パテ埋めである。

そして、接続部分のすき間を平らにならすため、ファイバーテープを貼り、パテ埋めである。

仕上げにやすりがけ。まだ、ここまで至っていない…
週末から頑張るぞ。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。