再建築不可の袋地物件をもう一つ購入!?

その売買仲介業者、怒っています!!

こんにちは!!
「囲繞地」の売買契約が不調に終わったとの”クレーム”を受けた「袋地」オーナーの不動産投資家コージーです!!
「水回りがかまびすしい」シリーズ第2弾です。

「袋地」とは公共道路に接しておらず、周囲を囲む土地「囲繞地」を通行したり、水道管を埋設したり ”させていただいている” 土地のことです。
下水道や電線、ケーブルテレビなども…。
絶賛賃貸中の戸建て3号殿です。

水道埋設管が経由している囲繞地の一つが売却にあたり「取り決め」を交わしたいという提案があったのですが、なんと。
売買契約自体が白紙になってしまったそうなのです!!
その経緯。

その仲介業者が連絡してきたのですが、なんか怒っています。
しかし、私はその仲介業者に物件購入の交渉を持ちかけるという展開に。

なぜ!?
事の経緯を書きます。

水道埋設管を巡る「取り決め」とは…

その囲繞地で建築工事をするため、水道埋設管を敷地の端に移設させたいとのことで「買主」負担で施工するとの提案。

そして「取り決め」とは。
水道埋設管に今後水漏れなどのトラブルが発生した際は、使用者の「我々」の責任で修理する(まぁそうですよね)。
将来的にその囲繞地を経由しない別の方向から水道管を引き直す努力をする(別に取り決めなくてよい)
という内容である。

そう「我々」とは、その水道埋設管を共有する不動産投資家がもう一人いるのである。
マンション管理組合で最高裁まで係争した経験をお持ちのご夫婦のマダム
この提案に対し、そのマダムが「移設後3年間の工事保証」「囲繞地所有者は水道埋設管が将来にわたって存在することを認める」といった旨を要求したところ、購入予定だった「買主」が手を引いてしまったとのことだ。

水道管を引き直す条件は「第3の戸建て」の格安譲渡

実は、その囲繞地に水道埋設管を使用する戸建てがもう一つあり、その戸建ての相続人は「水道は使わないので撤去してもよい」との回答だったそうなのだ。

今は空き家で老朽化も激しい平屋建て。
長らく入院されていた所有者が亡くなり、遠戚の相続人が最近受け継いだらしい。
私が所有する戸建て3号殿に行く私道沿いにあるのだが、廃墟化されても困るではないか!!

売買契約が不調になった怒れる仲介業者は、もちろん相続人とコンタクトを取っている。
相続人は明らかに所有意欲がない。
水道埋設管を巡り、売れない囲繞地がある…ちーん。

不動産投資家としては、水道埋設管の引き直しを交渉材料に、その平屋建て格安で買えるんじゃない!?

フジテレビの情報番組「特ダネ」でも「100均物件」って紹介されてたし!!
(100円で買うつもり)
試しに怒れる仲介業者に感触をうかがってみた。

まず「相続人は売却の意思はありそうか」。
私「水道も使わないって言うぐらいなので、所有意欲はなさそうですよね。廃墟になっても、私としては困るので格安で譲る意思があれば、検討させてもらえればと思いますが。固定資産税を払い続けるのも負担ですし」
業者「まぁ相続人さんはお金に困っていないので。そうですね、一度聞いてみます」

続いて、「水道の引き直しをする場合、例の囲繞地売主(これも不動産業者)は「協力金」を出してくれないのか」。
業者「それは無理です、そもそも囲繞地に水道埋設管があること自体、許容していただいていることですから」
私「土地の条件が改善し、売却価格が100万200万違ってくるなら、一考とは思ったんですけどね」

基本的に業者はムカついている様子。
しかし、水道埋設管。
今に至っては、私は「使わせろ!!」と主張する立場ではないが「使ってはいけない!!」と言われる立場でもないんだよね。

ここまで非協力的な態度となれば、この業者に用事はない。
なぜなら「空き家の相続人とコンタクトを取っている」という「連絡係」でのみ有用なのだから。
コンタクトを取る手段は他にもある。
面倒だからしばらくその気はないが。

業者には「仮に私が空き家を買い受けることになったら、やっぱり既存の水道埋設管を使う選択肢もありえますよ」と捨て台詞をやんわり吐いてしまった。
相続人との間で「第三者に譲渡する際、使用しない条件を継承する」とか「取り決め」を交わしてしまっている可能性は高いけど。

しかし、その空き家どうするのかね。
というか、契約不調になった今、その仲介業者はなぜしゃしゃり出てくるのか??
(もう一人のマダム・オーナーとは音信不通らしい)

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。