意外と知らない連帯保証人と保証人の違い

貸す側としても必要になる保証人

不動産投資で、収益物件を選ぶ際に、連帯保証人を求められるケースが多々あります。
非常に重要な意味を持ちますが、保証人とは意味が違うところに注意が必要です。

不動産でいうところの保証人といえば、家賃が支払えなくなったときに請求する先として必要になります。
ところが、ここで出てくるのが連帯保証人です。
保証人と連帯保証人は、保証してくれる人を立てるという内容は同じですが、その過程も内容も違います。
これを間違えてしまうと、不動産投資でも大きな損害を生み出すため注意が必要です。

保証人と連帯保証人の大きな違い

保証人制度は重要ですが、民法で決められている部分がいくつかあります。
資力があることが必要であり、一般成人でなければいけないとされているのが重要です。
未成年者ではなれません。
保証人は親族などでもなることができますが、大事なことは主たる契約者が支払いをしなかった場合に請求することができます。
ここが重要ですが、払えなかった場合であり、保証人が複数いた場合には、頭割りにして請求を起こすことが重要です。

複数いるため、連帯保証人と何が違うのかとなりますが、こちらは支払ってもらえなそうだといった状態でも請求ができます。
支払いをしていないことが要件ではありません。
さらに、複数いたとしても、ひとりに対して全額請求をすることができるところも大きな違いです。
頭割りにする必要がないため、非常に大きな責任を抱えます。
ここからわかることは、連帯保証人は借りている本人と同じ扱いです。
法律的に言えば、催告の抗弁権や検索の抗弁権が存在せず、分別の利益もありません。
特に重要なのは、検索の抗弁権であり、本人がお金があるかどうか、支払ないといってから来てくれといわれても、連帯保証人にはこの権利がないとなるのです。
反論せずに請求ができるため、不動産投資でも連帯保証人が使われることが多くなります。

家賃保証会社の利用

連帯保証人はとても強い効力を発揮します。
不動産投資でも変わりませんが、なかなかなってくれる人がいないことも珍しくありません。
そこで、家賃保証会社を利用することも考えます。
専門の企業が連帯保証人の代わりになってくれますが、貸す側からずると、連帯保証人を建てたところで本当に支払ってもらえるのか、現実的な問題も考えなければいけません。
専門の業者が相手に入れば、この心配をしないでも済むためです。
不動産投資では珍しいことではなくなったため、不安が残るときは利用を考えるべきでしょう。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。