RC造りとは

不動産投資には欠かせないRC造り

構造物は、どんなもので作られているのかによって、さまざまな違いが生まれてきます。
不動産投資としても、どのような分類になっているのかは正確に知らなければいけないでしょう。
そのひとつに挙げられるのが、RC造りです。
他の方法と比較しながら、どんな特徴があるのかを覚えておかなければいけません。

コンクリートと鉄筋

RC造りとは、Reinforced Concreteの頭文字であるRCを取っています。
コンクリートだけではなく、“補強された”コンクリートであるところが重要です。
柱や梁などはコンクリートで作られていきますが、鉄筋コンクリートなのでRCと呼ばれています。
強度を出すために鉄筋を使っていますが、ここが大事なポイントです。

コンクリートは、熱に強いとか、強度が高いとか聞くことがあるでしょう。
一部あっていますが、ほとんどは勘違いです。
強度として考えれば、木造などよりははるかに強い構造物ができあがります。
しかし、これは圧縮強度においてであり、曲げられる力には強くありません。
粘りという言い方をしますが、コンクリートはこの点が弱点です。
そこで、鉄筋が使われるようになりました。
鉄筋は粘りがあり、曲げに強い力を発揮します。
引っ張り強度も持っているため、構造物はぴったりですが、錆びてしまうという最大の弱点があるのです。
コンクリートの内部に配置し、空気や水に触れない条件を作ることで、両者のメリットを生かそうとしたのがRC造りになります。
熱に対する膨張率という面でも、両者はほとんど変わりません。
夏や冬の温度差などで、膨張係数が異なると、当然縁が切れてしまいます。
その問題点に対しても強いため、鉄筋コンクリートが使われるようになりました。
不動産投資用の物件としても、マンションなどの大きな建物になれば、RC造りがメインになってきます。

注意点は、コンクリートは決して熱には強くありません。
内部にわずかですが空気を内包しているため、急激に熱が加わると膨張して押し出します。
割れてしまえば、二度と元に戻らないため、耐火用のコンクリートは空気の内包量を大幅に下げる方法を取っているため、一般建築物とは違う工法です。
それでも、木造であるW造よりははるかに強いことは間違いありません。

RC造りはとにかくコストがかかる

不動産投資の物件としてみた場合、RC造りは理想的な工法です。
木造よりも火に強く、圧縮強度が高いため、縦に大きな建物が造れます。
揺れに対しても鉄筋が支えてくれるため、安心して暮らせる環境ができるでしょう。
耐久性にも優れていますし、内部の空気の量を減らしたりすることで、振動を伝えにくくします。
遮音性の高い部屋という点では、RC造りはとびぬけて高い性能を示してくれる存在です。

欠点はないのかといえば、それだけ材料費がかかります。
費用が大幅に増えるため、当然建物としての価値も上昇するのが、不動産投資としても大きなネックです。
その分、家賃もあげなければいけません。
しかし、一般の入居者にこうした違いが明確にわかるのかといえば、そんなことはないはずです。
いかにメリットがあるのかを伝えなければ、RC造りが優れているとしても、不動産投資としての意味は薄れてしまうでしょう。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。