親子リレー返済とは

親子で負担を分かち合う親子リレー返済

不動産投資で物件を手にする場合、色々な方法を考えていくことになるでしょう。
不動産は取引価格が高く、簡単に手に入れられるようなものではありません。
その費用の負担を考えた場合に出てくるのが、一人で返済するのではなく親子リレー返済を取ることです。
利用方法として非常に有効な面を持ちますが、注意しなければいけない点もあります。

初心者から経験者まですべての段階で差がつく!不動産投資 最強の教科書――投資家100人に聞いた!不動産投資をはじめる前に知りたかった100の疑問と答え

ペアローンとの違い

親子リレー返済とは、住宅ローンの契約に際して、親子で結ぶ方法です。
一般的にローンの契約といえば個人で結びますが、子供だけではなく孫にまで後継者として指定できることもあります。
非常に長期に埋める方法で、借入期間に関しても子供の世代の年齢を元に算出するのが特徴です。
基本的に後継者を連帯債務者として指定するため、親が高齢でも子供が引き継げる形を取れます。
一人では借り入れが難しい場合も親子リレー返済であれば拡大できる可能性まで出てくるのです。
逆に子供が物件を手に入れたいと考えた時に親が支援できる方法にもなります。

似たような方法にペアローンがあります。
こちらは二人で借り入れをするというところは似ていますが、ローン自体が二つ存在するのです。
つまり、親子でペアローンを組んだ場合、親と子のローンが別になります。
親子リレー返済の場合にはこれが一つとなるため、手数料などの諸費用に差が出てくるのです。
当然審査も二つになりますし、二人とも通過しなければ利用ができません。
親子リレー返済では、親から子へ引き継ぐ形ですが、ペアローンは同時に始まり同時に終わるという関係が出来上がります。
似ているようでかなりの差があるでしょう。

住宅ローンで「絶対に損したくない人」が読む本

デメリットも色々とある

便利な親子リレー返済ですが、デメリットも色々と出てきます。
連帯債務者となってくるため、子供も返済義務を負ってしまう状況です。
つまり、別のローンの申し込みをしようとした場合でも、足かせになる可能性が出てきます。
うまく活用したければ、将来的に他の利用ができない可能性があるのです。

取得した不動産が誰の名義になるかによってリスクが出てきます。
子供名義だけにする場合には、みなし贈与とみなされて贈与税の対象になる可能性があるのです。
これは税理士と相談しながら進めなければいけない点になるでしょう。

途中で親が亡くなってしまった場合、団体信用生命保険の対象となります。
加入していないと残債はそのまま引き継ぐこととなるため、支払いが難しくなる可能性があるのです。
他のローンの場合と変わりませんが、団体信用生命保険に加入できるような流れで進めていく必要があります。

住宅ローンのしあわせな借り方、返し方

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。