不動産投資はサラリーマンにチャンスがある

不動産投資とサラリーマン

不動産投資を始めるなら、サラリーマンが向いているといわれてきました。
いろいろな理由が存在しますが、不動産投資を始めるならサラリーマンの方がチャンスが待っているのです。
その理由を考えてみると、現在不動産投資を行っている人でもメリットを生かせるかが見えてきます。
仮に生かしていないなら、もっと大きなチャンスを作れるかもしれません。
知らないだけなら、非常にもったいない理由があるからです。

金融機関からの評価の高さ

まずサラリーマンということで、銀行からの評価が高くなります。
不動産投資を行うにあたって、全て現金で運用できる人は、そうそういません。
そのため、銀行をはじめとする金融機関から融資を受けるのが一般的です。
融資を受けるとしても、タダで貸すわけではなく、必ず審査があります。
この審査に通らなければ、融資は受けられません。

サラリーマンの場合、安定的な収入が存在し、勤続年数が長ければ辞めることはないと考えられます。
これがサラリーマンの金融機関に対する最大の武器になのです。

将来の備え

不動産投資で一定の収入があるのは、大きな意味があります。
例えば何か健康上の問題で働けなくなった時に、常に一定の収入が発生あるのは大きな魅力です。
つまり、保険としての役割を持っています。
融資に関しても団体信用保険を使えることで、働けなくなっても返済の義務に追われません。
最終的に収益物件だけが残るため、サラリーマンとしては強い味方になのです。

同じような考え方として、年金の補助にもつながります。
老後の収入源として考える人が多いように、生活設計の強い武器なのです。

サラリーマンでも安心のポイント

不動産は景気の変動に強い特徴を持っています。
一般的にインフレに強いのが不動産で、通貨価値が減少しても現物の資産は目減りしないからです。
もちろん、流動性の低さという欠点はありますが、景気に左右されにくい不動産での運用は大きなメリットが生まれます。
特にサラリーマンの場合には、現金価値が下がると、給与所得に影響が出るのは間違いありません。
その対策として不動産が役立つのです。

サラリーマンで何か事業を興そうと思えば、その手間に対する問題が出ます。
本業がある以上、副業に注力しにくい部分があるからです。
しかし、不動産投資は、全て専門の業者に委託する方法があります。
利益率は下がりますが、自分の手間はかかりません。
どちらの収入を優先するべきで、こうした選択もできるのです。
もちろん、自分で全て行った方が利益率は高まりますが、サラリーマンでも安心して出来る方法があるだけで、投資の考え方も違いが出ます。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。