お盆の意味とチャンス

お盆に入り

今年もお盆に入りますが、 帰省を考えている人も多いでしょう。
コロナウイルスの影響で、帰るのが難しいという人もいるはずです。
この時期だからこそ、故郷へ帰りたいと思うのは誰もが思う気持ちと言えます。
不動産投資の物件として考えても、移動しやすいという条件が揃っているのは大切です。
この時期だからこそ駅近や車の駐車場が備え付けられているなどの条件も考え直す必要が出てくるでしょう。
交通機関がうまく利用できない条件の物件では、入居できる人が限定されてしまうからです。
そのぶん家賃も落とさなければならず、不利な条件を作り出すことになるでしょう。

山一商店 お盆飾り 仏具セット お盆用品 お盆セット

お盆とは何か

そもそもお盆とは、休みになる時期という意味ではありません。
一般的には8月13日から16日ぐらいが相当します。
本当の意味としては、先祖の霊をお迎えして供養する期間にあたるのです。
墓の蓋が開くと言われる場合もありますが、先祖が地上に戻って来る時期とされています。
一年に一回お家に帰って来られるということで、先祖の霊を供養するのがお盆なのです。

東京などでは7月15日を中心にお盆のする場合もありますが、全国的には8月に行われます。
この違いがあるからこそ、お盆の時には各地に散らばった親類が集まって供養をするという時期に使われるようになりました。
現在の物件では、そこまで人が集まれる大きさの物は少なくなりましたが、お盆の時には人々が一斉に集まり、今の状況などを話したりするのです。
帰省するきっかけをつくるという意味でもお盆は大事な役割を果たしてきました。

初盆や新盆と呼ばれているのは、亡くなった方が四十九日の忌明け後に初めて迎えるお盆という意味があります。
呼び方は色々とあり、はつぼん、にいぼん、あらぼんと読んだりします。
普段行われるお盆の供養よりも盛大に法要をするというのが一般的です。

これらも宗派によって違いがあり、内容も変わってきたりします。
それでも先祖の霊を供養するという意味で大事な時間になるでしょう。

ミニ お供え 上品 プリザーブドフラワー 日本香堂 線香 花サイズ 直径9㎝×高さ15.7㎝

人の休みは自分のチャンス

不動産投資としてお盆の時期は人が少なくなる状況の中ですが、内覧などのチャンスも増えてきます。
お休みを取るというのが一般的で、引っ越しのチャンスを考えている人が行動を起こしたりするからです。
この時期もうまく使っていくのが、不動産投資を成功させるためにも大事なチャンスとなるでしょう。
他がお休みだからといって自分も休みにするという観点では、うまく回っていかないのです。

淡路梅薫堂のお線香セット

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。