延床面積とは

延べ床面積とは

不動産投資で利用している物件も、リフォームで価値を高める場合も出てきます。
いかに利用者にアピールできるのか、それが入居率に関わってくるからです。
その中でも影響してくるのが、家の広さを決める延床面積にあります。
家全体の面積の大きさを表している言葉ですが、正しく知らなければ制限に引っかかってしまうかもしれません。

~「日本でいちばん大切にしたいリフォーム会社」の社長が書いた~ 住宅リフォームを考えたら必ず読む本

延床面積と影響する要素

延床面積は、建物全体の床面積を表していますが、大きくなればいいというわけではありません。
延床面積が大きくなれば、どうしても施工費用も大きくなるため、 購入する時の費用も高くなるのが基本です。

さらに、建ぺい率との兼ね合いも考えておかなければいけません。
建ぺい率とは、敷地面積に対して建築面積がどの程度の割合になっているのかという数字です。
二階建てになったりすると、大きな方の面積を使って計算します。
例えば100平方メートルの敷地があったとして、建ぺい率が60%と定められているのであれば、敷地の中に60平方メートルまでの建物が建てられるのです。
これを越えてはいけないと定められているため注意が必要になります。

容積率も定められており、100%としている場合には、敷地面積に対して同じ大きさの延べ床面積が作れます。
つまり、100平方メートルの土地で100%の容積率が認められているのであれば、先ほどの形で行くと1階が60平方メートルなら、2階は40平方メートルまで認められるのです。
延床面積に対しても非常に重要な要素になってくるでしょう。

ウッドデッキやロフトも含まれない

不動産投資でもをリフォームを考えるケースがよくありますが、延床面積は無限に大きくできるわけではありません。
ですが、できるだけ快適な空間を作ることが入居者への大きなアピールになるのは確かです。
そこでさまざまな手法をもって対処されてきました。

延べ床面積を大きくせずに、縦に大きな空間をつくれるのが吹き抜けです。
開放感が出てくるようになりますし、空気の流れが良く日当たりも改善できるのが特徴です。
2階などを上層階の床面積を減らせるため、延床面積を削減できます。

知らないと損をしてしまうのがバルコニーの存在です。
ベランダやバルコニーに関しては、外壁から2メートル以内であれば延床面積に含まれません。
2m以上張り出している部分が延床面積として計算されるのです。
うまく設計していくと非常に広々とした空間が出来上がるのが分かります。
さらに、ウッドデッキなどを作っても、基本的にはトリコはせる空間となるため延床面積には含みません。

人工木デッキ 90×90cm

同様の空間としてロフトもあります。
単身者住宅でよく使われるようになった理由の一つが、延床面積に含まれないというところにあるのです。
無条件になんでも含まれないわけではなく、天井の高さが1.4メートル以下、同じ階の床面積に対して1/2以下でハシゴが固定していなければ含まれません。
これは収納としてのスペースとして考えられており、居住空間として計算しないため延床面積に含まれないということです。

こうした対策をすることにより、延床面積を増やさずに広々とした空間が作れます。
リフォームする際にも注意しておくと良いでしょう。

小さな家のつくり方: 女性建築家が考えた66の空間アイデア

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。