二極分化

不動産投資で知っておかなければいけない二極分化

極端に分かれていく状態

二極分化とは、極端に分かれる現象を指します。
不動産投資でいえば、大都市に人工は集中するが、農漁村は過疎化してしまうような格差が生まれてくる状態です。

不動産投資では、住居エリアを考えなければいけません。
家賃相場を引き出すためでもありま氏が、比較的わかりやすい条件ともいえます。
その中から最適なエリアを見つけていかなければいけませんが、少子高齢化などの要因も踏まえなければいけません。
ここで出てくるのは、人口の二極分化です。

安定した収入から見放されてしまう

住居で考えた場合、景気の影響をあまり受けないところが不動産投資でも重要です。
長期では影響を受けますが、短期でいきなり大きな変動をしたりしません。
ところが、人口動態に関しては、大きく振り回されるところがあります。
長期的な視野で見た場合、不動産投資として安定させられるのが一番で、将来も人口増加するような場所を選ぶことが必要です。
これから先人口が減ると予想される場所では、安定した収入は期待できません。

インフレでも下落する

不動産の基本として、インフレになれば資産が増えるという考え方があります。
国際や年金負債などを含め多くの問題を抱えていますが、これに対応させるためには長期インフレにするというのが方法といわれるようになりました。
土地はインフレになると相対的に価値をあげるため、資産が増えるという公式になりますが、ここに少子高齢化という問題を入れると話は別です。
資産価値を維持するどころか、だれも手に入れる人がいない状態となり、価値が下がる可能性が出てくるからです。

土地があっても人がいない

二極分化が進むと、土地があるのにもかかわらず、需要がない状態が生まれてきます。
都心から離れてしまったがゆえに、安く手に入ったけれど、だれも住む人がいないとなれば、不動産投資としては大失敗になるでしょう。
実際に都心部では中古マンション価格も上昇する中、郊外になると下落が始まっているケースも目立ちます。
円安効果もありますし、相続税の強化などの問題もかかわってきますが、長期的な視野のもとで二極分化の状態を見極めなければ、不動産投資は成功しない時代になったといえます。
これは関東近郊といった場所のみならず、全国に波及してきています。
一部で対策も講じられてきていますが、局地的な方法では対処できる問題とは言えません。
職住近接というキーワードとともに、不動産投資では考えなければいけないでしょう。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。