競売物件とは

不動産投資家コージーの戸建て1号くんは競売です。1号くん落札しちゃった編
藤山勇司さんのセミナー受けました。元祖サラリーマン大家さんのセミナー

裁判所が行う競売物件

不動産には様々な販売ルートが存在し、不動産投資でも取得方法が色々とあります。
その中で債務不履行によって差し押さえられた物件が、競売にかけられた物を、競売物件と呼ぶのです。
競売物件の場合何か決まりがあるわけではなく、マンションや戸建ての存在します。
他には事務所で使っていた商業用施設なども不動産として競売にかけられる可能性があるのです。

競売とは裁判所が公告を行い、入札が行われる制度です。
一定期間内行われますが、単純に言えばオークションと変わりません。
当たり前ですがその性格上新築物件が出ることはほぼ無く、中古物件が中心です。

競売物件のメリット

競売物件を購入するのには色々とメリットがあるからです。
何よりも相場より安く購入できるというのは、不動産投資においても重要な意味を持ちます。
初期の投資額が少なくて済むため、利回りを高めることができるからです。
一般的に同様の内容を持つ物件と比較して3割ほど安くなると言われています。
ただし、どの物件でもすべてやすくなるというわけではありません。
そういった物件が競売に出てくるというだけです。

非常に多くの種類があるというのも競売の特徴になります。
商売で出されてくるわけではなく、裁判所によって公告されるのですから、営利目的の商売とは少々違いがあるためです。
特殊な物件を売りに出されるケースがあり、一般的には値のつかないような土地の形だったりする場合もあります。
その他にもいま人気の古民家が、価値というだけで希少性は全く考慮せず売り出されるケースもあるのです。
こういった物件は掘り出しものとして取り扱われるのは間違いありません。

裁判所が手続きを行なっているため、権利の手続きは非常に素早く行えます。
簡単に進められるのは裁判所の人間がついているからです。
安心して権利手続きを行えるというのは、一般の物件とは大きな違いとなるでしょう。

競売物件のデメリット

不動産投資としてメリットの大きい競売を件ですがデメリットも当然存在します。
基本として内見はできないため、大きな賭けになる場合も少なからず存在するのです。
資料しか手元にはなく、そこから判断しなければいけません。
写真などの取り方によっては、あまりに違いが生じる場合もないわけではないのです。
期間も短いため事前調査が難しく、周辺環境も理解する時間がない場合も出てきます。

競売物件はそもそも所有者がいなくなってしまった状態です。
一般的に不動産を取引士問題があった場合には売主に対して責任の追求を行います。
しかし、裁判所は物件を売っている立場ではありません。
つまり、瑕疵担保責任を追求したくても、その相手は存在しないということです。
何かあったとしても全て自己負担で対応しなければいけません。
これも大きなリスクです。

不動産投資として非常にリスキーなのは、金融機関が融資してくれない可能性が高い点です。
これは金融機関によっても違いが出てきます。
これまでの取引実績といったところも加味されるので一概に言えるわけではありませんが、一般的には融資してもらえないと考えたほうが確実です。
自分で資金を用意して購入する必要が出てくるため、ある程度余裕がある人が不動産投資として利用できると言ってもいいでしょう。

それでも競売物件は色々な魅力が詰まっています。
景気が悪化してくると色々な物件が出てくる可能性があるため、注目しておいて損はありません。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。