コロナウイルスによる不動産投資と物件価格

下落する評価

不動産投資において物件価格は重要な意味を持ちます。
利回りにも大きな影響を与えますが、コロナウイルスの影響により驚くほどの評価下落が始まる可能性があるのです。
不動産投資でも、リスクは正確に見積もらなければいけません。
これまで出てきたような問題とは違い、予想がつかない点が多々あります。
この状況に対応できるか、生き残りをかけた部分も出てくるのです。

世界中の投資家が様子を見ている

コロナウイルスによる不動産投資の影響として、物件自体の収支が悪化する可能性が挙げられます。
社会的に大きな影響を与え、経済に大打撃が加えられる状況となれば、入居者の収入もう止まってしまう可能性が出てきます。
企業としても生き残りをかけた状況となれば、人材を切らなければいけない状況も生まれるからです。
その保証ができる状況であれば問題も少なくなりますが、コロナウイルスの影響によって突然倒産するケースまで出てきました。
その中で、賃料の値下げは不払いと言ったことは、珍しくなくなる可能性があります。
そうなると収益はガタ落ちであり、安定した家賃収入が望めなくなると考えなければいけません。

物件の価格に関しても、経済的状況が悪化することにより右下がりに低下するのは確かです。
現金を持っているような投資家であれば、購入するチャンスがやってくるのは確かですが、これも大きなリスクがあるのは間違いありません。
購入したとしても活用できるチャンスが増えるとは限らないからです。
企業の利用に関しても、テレワーク化が進んでいく中で、大きなオフィスも必要なくなります。
新規物件を購入しても、利用者がいないような状況となれば塩漬けにする以外なくなってしまうでしょう。

現在の物件を早く売却したいと考えても、経済的状況が悪化することにより購入したいと思う人の数はどんどんと減っていきます。
それだけの余裕がなくなるためであり、流動性の悪化は避けることができません。

実際に世界中の不動産投資家が様子見を始めています。
不動産投資は、いきなり影響が出にくいものであり、後から徐々に効いてくる可能性があるからです。

融資を引くのは難しい状況

不動産投資でとても重要な融資の面も考えなければいけません。
生命線とも言える融資ですが、コロナウイルス対策の緊急融資が最優先課題であり、投資向けの融資は抑えられてきています。
実際に銀行に行って話を聞くとわかりますが、相手にしてもらえないほど忙しい状況も生まれてきました。
緊急融資の優先度が驚くほど高く、不動産投資などに構っている暇がないというのが事実です。
このような状況がいつまで続くのか、現在のところ誰も予測がついていません。
特に緊急事態宣言が延長された状況の中で、大型都市を抱える都道府県では、さらに厳しい状況が続くことは確かです。
今後の状況を考えた場合、融資してくれるかどうか、ハードルはさらに高くなるでしょう。

仮に影響の少なかった地方だとしても、不動産の評価額が下がる可能性があり、担保としての価値が落ちることは間違いありません。
そうなれば、融資してもらえるかどうか難しくなるのは確かです。

不動産投資は非常に難しい局面に入っていきます。
影響は遅効性でやってくると言われる不動産投資ですので、状況の判断を見誤らないことが大切です。

不動産投資専門税理士が教える 不動産投資の「収益計算」 本格入門

NOをYESに変える「不動産投資」最強融資術

融資地獄 「かぼちゃの馬車事件」に学ぶ 不動産投資ローンの罠と救済策

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。