軽量鉄骨とは

どのような構造で作られているかが重要

不動産投資において物件を選ぶことはとても大切です。
行動としてどのように作られているのか構造を知らなければ、後で後悔することも出てきます。
構造としてWと表記される木造やRCと呼ばれる鉄筋コンクリート造りの他、Sと表記される鉄骨造がありますがこの違いも理解しなければいけません。
単純に強度が違うというだけではなく、いろいろな面で差がついてくるからです。
特に不動産投資という面でみた場合にどのような特徴が生かされてくるのか、逆にデメリットは何かを考えてみる必要があるでしょう。

S造設計[構法・テ゛ィテール]選定マニュアル

木造と鉄筋コンクリート造と比較した場合の鉄骨造

木造は日本が得意とする建築物で、古くから色々と改善を加え発展してきました 。
日本の木造の場合、柱と梁に力がかかります。
現在では筋交いなどを使い、体力壁を作り耐えられる造りに変わってきました。
材料が安いというのが最大の特徴と言ってもいいでしょう。

RC こと鉄筋コンクリート造は、Reinforced Concreteの略です。
無機質のコンクリートを使うための耐火性が高く、内包している空気量を下げれば遮音性も高まります。
ただし、一定温度を超えると、内包している空気が膨張し爆裂してしまうというのが鉄筋コンクリート造の問題点です。
さらに費用としてみた場合にも、三つのうちで最も高額になってしまいます。
不動産投資として後に取得するとしても、高額な物件になりがちです。

S ことを鉄骨造は、中間的な位置になります 。
柱や梁には鉄骨を使いますが、他の部分は木材が中心で、鉄筋コンクリートのようなものは稀です。
中には鉄骨下にコンクリートを巻きつけるといった手法もあります。
鉄骨の骨材の厚みが6 mm 未満であると軽量鉄骨で、これ以上のものは重量鉄骨と呼ばれるのがポイントです。
釘は打てないことからビスや溶接止などを駆使しながら作り上げていきます。
外断熱工法を中心として使われているため、高断熱で高気密な住宅が作りやすいという特徴があり、 糖度も木造より高まるのです。
不動産投資でも人気の物件の多くが鉄骨造りであることは頷けるでしょう。

シンワ測定(Shinwa Sokutei) 下地探し どこ太 Smart マグネット付 35mm

軽量鉄骨造の特徴

色々な候補がある中で軽量鉄骨造の特徴は、規格化された中で作り上げられるところにあります。
工場で生産できるようにシステム化されており、プレハブ工法と呼ばれるものがたくさん作られました。
釘を打つというものは後から外して組み立てるわけにはいきませんが、ボルトなどで止める方法をとれば、作り上げた後に一旦解体して運べるのです。
これが現地での工事の時間を短縮するのに役立ち、素早く立ち上げることができるポイントになりました。
そのぶんだけ安価に作れるため、 二階建て程度のアパートでも利用されるようになったのです。

もちろん、メリットもあればデメリットもあります。
規格化された中で生産されていくためどれも似たようなものになってしまうというのは大きなデメリットです。
しかし、不動産投資で取得しようと思っている物件であればあまり関係ありません。
それよりも職人の腕に影響されにくく、仕上がりの水準が一定レベルを超えやすいというのは、 安心して購入できるメリットになるでしょう。

問題なのは高気密高断熱であるという部分に注目しなければいけません。
通気性の問題が出やすく、夏は暑く冬は寒いと言った建物が出来上がってしまうからです。
この対策をしていない物件は、定着が悪くなる可能性が出てきます。
空室率に関わる大きな問題となるため、事前に対策しなければいけません。

アパートので注意しなければいけないのが、防音性です。
軽量鉄骨の場合には音声がそこまで高くありません。
音漏れがしやすいというデメリットを保つため、対策してあるかどうかの確認が必要です。
素材の選定によっては高い遮音性を保てる場合が出てきます。
ただし、全てではないため、静かな環境に建てられているかどうかも確認した上で、不動産投資として有効か判断し物件選びをする必要があるでしょう。

パナソニック(Panasonic) 室内物干し ユニット NEWホシ姫サマ CWFE12CM 手動・天井直付けタイプ 室内物干し

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。