不動産投資と雑草問題

どうしても出てくる雑草問題

不動産投資の物件で戸建てを利用していると、雑草の問題で悩まされることがあるでしょう。
今の時期はまだしも、これから温かくなると、雑草だけでうんざりします。
この状況を何とかしないと・・・そう思ってそのままになってしまう場合もあるはずです。
1件ならまだしも、いろいろと増えてくると手が出ない、そんな時には対策を講じておかなければ手間は格段に減らせます。

防草シートが一番

雑草処理というと、何を思い浮かべますか?
真っ先に出てくるのは、砂利を敷いてしまうことかもしれません。
確かに、砂利を敷くのは有効です。
ところがです。
砂利を敷いたものの、その間から雑草が伸びてきて、手間が増えてしまったという人もいるのではないでしょうか。
雑草は隙間があれば伸びてきます。
植物ですから、目が出れば光に向かって成長するわけです。
なので、防草シートを先にしかなければいけません。
実際に使ったことがある人ならわかりますが、防草シートを敷いただけでは、見た目によくないでしょう。
不動産投資の物件として、外を見たらシートが敷いてあるというのは、景観としてよろしくありません。
そこで、その上に砂利を敷くのです。
これでかなりの期間、除草の心配をしないですみます。
簡単なことなのですが、ほんの少し発想を変えると、こうした方法が浮かんでくるはずです。

コンクリートは計画的に

はっきりと草を生えなくするのなら、コンクリートを打ってしまう方法があります。
この方法は、土を見えなくするので、草は生えません。
ですが、やり方を間違えれば、とても殺風景な景観を作り出します。
不動産投資の物件は、何かしらアピールポイントがあるでしょう。
土がなくなり、コンクリートで締められてしまうと、かなりイメージが変わるのです。
本当にそれでいいのか、考えてみなければいけない状態になります。
木を植えたくなっても、初めから予定しておかなければ、かなりの手間をかけなければいけません。
さらに、コンクリートは強アルカリ性を示す素材です。
土に触れていれば、土もアルカリ化してしまうため、仮に壊したとしても、普通の木が育ちにくくなるのです。
計画がとても重要なのがわかってもらえるでしょうか。

勢いでやってしまうと後悔するのが、塩をまく方法です。
塩をまくと草はかれます。
しかし、一時的なもので、塩に強い植物は生えてくるのです。
さらに、土壌に対する影響も見逃せません。
塩を含んだ土壌は、木などを植えたいと思っても育ちにくくなります。
うまく雑草を取り除けない上に、土壌まで変えてしまうのですから、最悪のケースでしょう。

コンクリートは使い方次第ですが、塩をまくのはまったくもって無意味です。
除草剤をまくのも一時的ですし、ペットを飼っているおうちがあれば、デメリットも出てきます。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。