実印と印鑑証明書とは

実印と印鑑証明書

不動産投資においても、実印と印鑑証明が必要になる瞬間がやってきます。
これは売買どちらでも必要になるタイミングがある可能性が出てきますが、現金だけで購入するのであれば必要ありません。
どのようなものでなぜ必要なのか、不動産投資をしているのであれば考えてみなければいけないでしょう。
用意するのにも費用がかかるからです。

印鑑・はんこ 個人印3本セット 実印: 黒水牛 18.0mm 銀行印: 琥珀 13.5mm 認印: アグニ 12.0mm

印鑑登録とは何か

実印とは、自分の印鑑であると証明できるものを意味しています。
そのためには公的に認められなければいけません。
必要となるのが印鑑登録であり、印鑑証明書になるのです。
これがなければ、いくら自分が落ちたと言ったとしても、何も証明できるものがありません。
証明できないのですから、自分のものであると主張もできないのです。
そこで、自分の印鑑を登録しに行く必要が出てきます。
これが印鑑登録です。

印鑑登録するためには、印影の大きさに決まりがあります。
大きすぎても小さすぎても登録できません。
大きさは25mm角以下で8mm角以上であることが求められます。
つまり、印鑑としての形は丸でも三角でも四角でも問題はありません。
一般的には円形のものは使われているというだけで、あまりにも不適切と判断されるようなものでなければいいのです。
不適切と判断するのは市区町村になるため、どこでも同じような判断ではないのは注意しなければいけないでしょう。

もう一つ市区町村の判断とはなりますが、輪郭がかけていたりなかったりするものはほぼ認められないと思って間違いありません。
これは輪郭がないと力が入りにくく陰影がずれてしまう可能性があるためです。
偽造される可能性という点でも輪郭は必要となります。

フルネームでなければいけないと言った規定は存在しませんが、戸籍上の名前を表す必要はあります。
つまり、自分とは違った名前の印鑑を作っても実印として登録はできません。
この注意点として旧姓で作った印鑑は、実印登録できないのです。
氏名以外の文字が入った印鑑も登録できないため、 職業名や屋号などが入っているような印鑑も不可になります。

材質も決まりがあり、ゴム印やスタンプのような力の入れ加減で変形しやすいものは認められないのが一般的です。
偽造の観点からも、市販されている三文判では登録できないと考えて良いでしょう。

デコレ(Decole) デザイン小物 オレンジ 約67×64×h46mm ティラノサウルスの印鑑スタンド

不動産投資で印鑑証明書が必要となるケース

不動産投資で、印鑑登録された実印や印鑑証明書を必要とするタイミングは、ほぼ決まっています。
基本となるのは所有権の移転です。
所有権の移転登記をする場合に、売却する側が必ず一通必要になります。
売却する側がという点が重要で、購入する側は手続き上は必要としていないのです。
もちろん、契約書を作る際に印鑑を押すといった作業は出てきますが、印鑑証明書提出する必要性はありません。

購入する買主側が印鑑証明書を必要とするケースは、資金を集める際に出てきます。
自分が所有している現金であれば問題ありませんが、銀行の融資を受ける際には提出が求められるのです。
一般的に抵当権の設定として一通使い、銀行に対する提出用で2~3通使われます。
これだけでも費用がかかりますし、用意していない場合には登録からスタートしなければいけないので注意が必要です。

金庫 家庭用 小型 12.4 L テンキー式 業務用 電子金庫 防犯対策 アンカーボルト付き 鍵付き

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。