地震に対するリスク

地震というリスクを忘れない

不動産投資において、リスク管理をすることはとても重要な意味がありませ。
もちろん、リスクを発生させないのが一番ですが、全てを顕在化させずにおけるわけではありません。
特に対応がしにくいのが地震です。
コロナウイルスの問題が収束してきている中でも、地震が頻発してきている状況は注目しなければいけないでしょう。

新耐震基準の物件

不動産投資の中でも、大きなリスクとなるのが地震であるのはよく知られています。
東日本大震災の時でも大きな災害となりましたが、今後もこのような地震が起きないとは限りません。
予知するのが難しく、どのような被害が出てくるのかも分かりにくい点がありますが、不動産投資として被害が大きくならないような準備が必要です。

これから不動産投資を始めようという人であれば、まずは新耐震基準の物件を選ぶと言う必要があります。
新たな物件を購入して、投資の範囲を広げたいという人でも変わりません。

新耐震基準とは、1981年に作成された基準のことです。
いやに古いものだと思われるかもしれませんが、それ以前の基準は大きな地震に対応できていませんでした。
これを旧耐震基準と呼びますが、震度5までしか想定していなかったのですから、かなり甘いものだったのが分かります。
新耐震基準においては震度6強から7を想定しているため全く違うレベルになるというのが分かるでしょう。
少なくてもこれから物件を手にするのであれば、1981年よりも前に建てられたものではなく 新耐震基準を満たしている物件にする必要があるのです。
古民家なども流行っていますが、それだけのリスクを抱えることを承知しなければいけません。

地盤の確認と地震保険

物件を選ぶ時の地盤の確認も大切です。
地震が起きた時に揺れやすい場所はどこなのか、まずは把握するところからスタートするしかないでしょう。
外から見たような様子では揺れやすい場所の判別が難しいからです。
地盤に関するリスクがある物件は、相当大きなデメリットを抱えていると考えなければいけません。
なぜならば、建物は補強ができますが、地盤の補強は簡単にはできないからです。
自分の場所だけを守ったとしても、周りが崩れてしまうこともありえます。
地盤に関しては様々なサイトも出来上がってきていますので、 事前にチェックしておく必要があるでしょう。

すでに物件を手にしている人の場合には、地震保険に加入しておく必要もあります。
保険をかければそれだけで利回りが下がりますが、火災保険のオプションとしてつけられるため、備えあれば憂いなしといったところです。
地震保険という名前ではありますが、洪水や噴火と言った自然災害に対応している商品もありますので確認しておくといいでしょう。
特に海沿いの地域や火山があることがわかっているような場所では、地震保険に加入しておくことでリスク回避ができます。
いざ何かあった時にかけておけば良かったと思っても間に合いません。
リスクマネジメントは早い段階からスタートするのが、不動産投資において大切なのです。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。