印鑑証明書の知識

取引で必要となる印鑑証明書

不動産投資での手続きで印鑑証明書が必要になるケースが出てきます。
自分の印鑑であることを市区町村などの役場で登録し、その上で書類を発行してもらわなければいけません。
他の人ではないことを証明する制度であり、この印鑑は実印となるのです。
そのため実印登録とも呼ばれますが、非常に重要な役割を果たすため、不動産投資でも各場面で利用されるようになります。
知らなかったでは済まないようなレベルの話でもあるので、どのように登録し申請するのか覚えておくと良いでしょう。

彫刻済印鑑 柘(あかね)13.5mmサイズ 実印・銀行印・認印 皮袋付印鑑

印鑑登録の主な手続き

まず、この印鑑登録の制度を利用する場合、年齢制限が存在し15歳以上でなければいけません。
もう一つ注意が必要なのは、成年被後見人の場合には判断能力を欠くとされてしまい、登録自体が不可能です。
不動産投資の取引を行う場合でも、注意しておかなければいけないポイントです。

印鑑の登録したいは身分証明証があればすぐに終わります。
当該役所に行って手続きをするだけですが、問題はここです。
必要な身分証明証がなかったり、直接出向けない場合には、様々な方法をとらなければいけません。
この身分証明証とは、免許証やパスポート、写真付きのマイナンバーカードと定められています。

本人が窓口に行けても身分証明証がない場合、保証人がいるかで違いがあります。
家族などに保証人になってもらえるのであれば、署名押印してもらうことで申請が可能です。
これも申請した日に登録が終わりますので、スムーズに取引が出来るようになるでしょう。

この場合で保証人がいない場合には、その日に手続きが完了しません。
役所の窓口で手続きを行い、自宅に照会書が届きます。
つまり、窓口に来たあなたが本当に本人だったかどうかを確認する手続きです。
この手続きが完了できれば、実印登録ができ印鑑証明書を発行してもらうことができます。
不動産投資でも必要な手続きとして時間がかかるため、事前に行っておく必要があるでしょう。

【琥珀「樹脂琥珀」】 印鑑 実印

本人がいけないケースと印鑑登録証

色々と忙しく本人が窓口に行けないケースもあります。
基本的には本人が印鑑の登録手続きをするべきですが、不動産投資を含め色々と忙しくなると時間が取れない場合もあるはずです。
この場合には代理人の手続きが必要になります。
委任状を作成し代理人を立てたとしても、その日のうちには登録が完了しません。
身分証明証がなかった場合と同様に、本人に対して照会書が届くからです。
この照会書がなければ、手続きが完了しないため、代理人には最低2回行ってもらわなければいけません。
それだけの手間をかけさせてしまうことを了承してもらう必要があるでしょう。

登録が終了した後には印鑑証明書を作成してもらなければいけません。
大時に必要なのが印鑑登録を済ませた印鑑登録証です。
印鑑登録カードとも呼ばれますが、これを発行してもらわなければいけないのです。
これさえあれば代理人でも印鑑証明書の発行手続きができるようになりますので、不動産投資などを行っている場合には事前に作成しておくと良いでしょう。

現在ではマイナンバーカードに紐付けすることもできます。
カードの枚数を減らしたりもできますので便利ではありますが、本人以外が印鑑証明書の発行手続きができません。
自分でなかなか時間が取れず動きにくいという人は、印鑑登録証を作っておいた方が安心です。

チタン印鑑 ケース付き ブラストチタンチタン

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。