印鑑と種類

日本では必須の印鑑

不動産投資では色々な場面で印鑑を使う時が出てくるでしょう。
契約書を作ると言っても必要ですし、入居者と契約を結ぶ時にもなければいけません。
もちろん、銀行などの金融機関とローン契約する場合にも、印鑑は必要となります。
いろいろな材質でもありますし、用途で分けているでもあるでしょう。
本当にどのようなものを使えばいいのか、不動産投資を行う上でももう少し覚えておくと便利な場面が出てきます。


印鑑の使い分け

印鑑には様々な種類があり、使い分けをしているところはも多いはずです。
一般的には実印と銀行印、認印あたりが使われているはずですが、これには区別はありません。
印鑑としては全て同じものなのです。

実印とは、自分が決めているだけのもので、一般的な解釈としては市区町村に印鑑登録をしているものになるでしょう。
市区町村に登録していないものは、全て認印と同じです。
印鑑として何も変わりがありません。
同様に銀行印は、口座を作る時に利用しているというだけで、印鑑としてみれば違いはないのです。
自分の資産を預けている講座で使っているので、他の人が利用したりすると危険性が出てくるため銀行をだけに使うように絞り込んでいるのが特徴になるでしょう。
ですが、これも自分が考えるセキュリティ対策になるため、実印を使う人もいますし、認印を使っている人もいます。
銀行印といったところで、実はたいした区別がないのがわかるポイントです。

認印はその他の印鑑という区別が一般的ですが、何も決められているわけではありません。
どれを使っても認印として利用していると言えばそれまでです。
実印登録や銀行印がゴム印を使えなかったりするのに比較して、こちらは何でもいいということになります。


印鑑の種類というわけ

色々を見ていくと、印鑑にも色々な違いがあるのがわかります。
不動産投資で利用する場合でも、ゴム印を使ったりするのは失礼な場面も出てきますし、実際に使えないこともある点に注意が必要です。

不動産投資でも移転登記などで使われる実印は、複製されると困ってしまいます。
自分が押してもいないのに、コピーされて使われてしまえば、移転登記の意味もなくなるからです。
そこで実印は登録する際にも注意されますが、複製できないような手彫りで作られたもので、ゴムなどの素材は使えません。
ゴムなどでは変形してしまうというのもあります。

銀行印の場合、基本は実印と変わりません。
複製されにくいものを選んで使いますが、必ず手彫りのものというわけではないのです。
この辺りは銀行によっても違いがありますが、枠がついている言った条件はほとんどのところであると思って間違いありません。
この枠が欠けたりしていると認識しないため、しっかりとしたものを使った方がいいでしょう。
特に自分の時間を扱う口座の印鑑となるため、他のものとは分離し、普段使ったりしないのが重要です。
実印でも同じように考えられますが、普段使いすればその陰影が世の中に出回ります。
その分だけ複製されるリスクが出てくるため、実印も銀行印も不要な時以外は使わないというのが重要です。

そこで普段から利用するために使われるのが認印です。
こちらは複製されても問題ありません。
なぜならば、印をついたという事実が重要であり、印の種類や中身が重要なわけではないのです。
そのため三文判と呼ばれる市販されたものでも問題ありません。
ゴム印なのでもいいのです。

この辺りの使い方の違いは、不動産投資でも重要な意味があります。
使い分けをして、不動産投資の取引でもリスクを発生させないようにしなければいけません。


プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。