田舎の土地も使い方次第

田舎だから投資に向かないわけではない

土地は活用して初めて生きてくるのは間違いありません。
不動産投資もその一つですが、田舎にある物件や土地をどのように活用するのかという点では、難しい部分があるのも間違いないところです。
しかし、そのままにしておくよりも、活用したほうがはるかにメリットが生まれてきます。
土地はそのままでは何も生み出しません。
固定資産税がかかるだけのものとなってしまうため、活用する方法を考えていくべきでしょう。

需要のポイントの違い

なぜ田舎の土地が難しいのかといえば、需要の少なさに問題があります。
不動産投資において需要が高いかどうかは、非常に重要な問題です。
需要の高い地域に物件を見つけられれば、それだけで入居者を募ります。
需要というのはそれだけ魅力を持っているという意味でもあるからです。

ここで注目しなければいけないのは、借りたいと思えるかどうかというところにあります。
田舎であっても借りたいと思えるような条件が揃えば、入居者は見つかるものです。
人口が少なく土地が余っているような状態でも、家を建てようと思えばかなりの費用がかかります。
それよりも安価に借りられるような物件があれば、人が住んでいる環境である限り需要はゼロとなるわけではありません。
特に一定需要がある田舎の場合には、不動産投資として活用しがいのある物件になる可能性を持っています。

田舎ということで、都会の物件とは立地条件で選ばれる理由が異なります。
一般的には駅近物件は有利であるとされますが、田舎では決してそうであるとは限りません。
基本的に車で移動することを求められるため、主要な道路にアクセスできるかどうかの方が重要となるからです。
当然駐車場はついていなければいけません。

田舎だからこそ投資が少なくて済む

田舎の土地であるということが、大きなメリットになるポイントとして、土地の単価が安く大きく確保しやすいという部分があります。
都市部ではなかなかできないような大型の物件が安価で手に入る可能性があるのも、田舎だからです。
そこに需要が見出せるのであれば、不動産投資としてかなり有利な条件が揃うと言い換えてもいいでしょう。
例えば近隣に大型の工場があったとします。
単身用のアパートが手に入れば、かなりの需要が期待できるようになるはずです。
もちろん、周辺の物件の単価にも左右されるため、売上としてみると小さなものになるかもしれません。
しかし、 もとより投資金額が小さくて済むという特徴を持っています。
売上としては高いものではなくても、投資としての安全性の高さを確保できる可能性があるのです。

都市部のように、コロコロと住居を変えるような要因もありません。
利用価値のある場所は限られているからです。
初期投資の金額を落としつつ、安心して不動産投資ができる環境が田舎で見つかるかもしれません。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。