不動産投資を始める前

不動産投資を始める人は

不動産投資をしている人は、住宅を購入できる何らかの手段があったはずです。
購入できる手段の他にもありますが、投資に運用できる状態があったからこそスタートしたでしょう。
ここで大きなポイントが見えてきます。
不動産投資で家を借りてくれる人の収入はどれぐらいのところになるかです。
これを明確に理解しておけば、ターゲット層がはっきりしてきます。
どのような設備を用意したらいいのか、注目されやすい部分も見えてくるでしょう。

1億円貯める方法をお金持ち1371人に聞きました

まずは先立つものから

家を買うためにはお金が必要です。
俺は不動産投資で用意する時にも変わりませんが、単純に頭金と借り入れ可能な金額の和で求められるでしょう。
一括で買えるほどの金額を持っていれば、全て頭金として投入するのと同じです。
足りない部分は借り入れをして補うことになります。
ここに金利を加えると、実際に必要な金額が割り出されてくるわけです。

ここで大きな問題が生まれます。
消費される金額は、これだけではありません。
生活していればさまざまな支出があり、それをカバーして初めて住宅の費用が捻出できるのです。
そこにはライフプランが存在し、将来的な設計もみなければいけません。
現在よりも進行形の形で考えなければ、家を買うためのお金は捻出出来ないのです。

ここでわかることは、返済が可能とならなければ、家は買えません。
それならば、家を借りるという選択につながるわけです。

メタルバンク100マンエン シルバー

立場を考えて考えてみる

今度は不動産投資として、貸す側の立場で考えてみましょう。
どのような人がターゲットになるのか、家を借りたい人はどのような金額設定を考えているかを想定しなければいけません。
例えば、月収20万円の家庭で、10万円の家賃を払うのは不可能でしょう。
これだけ支払ってしまえば、生活の費用が捻出できないからです。
逆に5万円の設定であれば、生活に余裕が生まれてくるでしょう。

単身世帯であれば、月収20万円で家賃10万円払ってもやっていける可能性はあります。
自分一人の費用であれば、貯金はできませんがギリギリ生活はできるでしょう。
このような人に部屋を貸したいかどうかも考えてみる必要があります。
生活に何かあれば、10万円の家賃は確実に重荷に変わるため、滞る可能性があるはずです。
10万円の設定をするのであれば、もっと収入のある家庭を狙う必要が見えてきます。

もっと収入のある家庭を狙った場合に、どのような設備が要求されるのかも検討しなければいけません。
周りの相場と比較して検討する必要がありますが、支払う費用に見合わないような物件は誰も借りてはくれません。
それだけの魅力や条件があるかどうか判断する必要があるのです。

これが出来なければ不動産投資は成功しないと言い換えても過言ではありません。
成功している物件は、入居者が魅力を感じている証拠です。
何らかの魅力がなければ、選択する余地はないのは自分の立場から見てもわかるでしょう。
このようなシミュレーションも不動産投資には大事な要素となるのです。

中古住宅の本当にかしこい買い方

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。