ゴム印が使えない理由

便利なゴム印が使えない

不動産投資においてもゴム印を使うというのはあまりありません。
簡単に使えて便利ではありますが、押したと言うかくらいに活用できるものではないからです。
ゴム印を使ってはいけない理由もいくつかあり、場面によっては信用を失う可能性も出てきます。
なぜゴム印ではいけないのか、他の印鑑との違いも理解しておく必要があるでしょう。

オスカ キャップレスネーム印

ゴム印とは何か

一般的にゴム印と呼ばれているものは、2つの種類があります。
その名前の通りゴムでできたもので、そのまま彫り込まれています。
大量生産ができるように作られたもので、主に認印や帳簿の文字を判子として打つ場合などに利用されてきました。
他にも子供用の印鑑もゴムで作られたものがあります。
ちょっと変わったところでは、年賀状などの印刷にゴム版が使われますが、ゴム印とそこまで違うものではありません。

もう一つの種類が、一般的にはシャチハタと呼ばれているものです。
中に気泡が空いているゴムを使っており、中のインクが滲み出てくるようになっています。
朱肉を用意する必要がないのが特徴で、いつでもすぐに使えるのが持ち味です。

この二つのゴム印は、実印登録はもちろんのこと、銀行印にも使えません。
重要な場面に用いたりすれば、これでは問題だと言われてしまうでしょう。
重要な取引にゴム印は使われないのが基本です。
その理由の一つが、ゴムであるというところにあります。

ゴムは力をかけると変形します。
変形することで力を受け止めてくれますが、大事な場面で印鑑を押さなければいけないとした場合、押された陰影が変形するようでは意味がありません。
それが本物かどうかの判別がつかなくなるため、ゴム印は使われないのです。

もう一つは、工業的に生産されたものであるという点にあります。
実印登録をする場合、手彫りのものを要求されるのが一般的です。
その理由は複製を防ぐためであり、自分のものであると証明できるようにする大事な役割を思っています。
ゴム印は工業的に生産されたものであり、同じものが大量に出回るので、非常に危険です。
そのため実印登録どころか、大事な資産を保管するための銀行印にも使えません。

シャチハタ ネーム9

ゴム印を使う場面はあるか

不動産投資でもゴム印を使える場面がないわけではありません。
取引として考えれば適正なものとは言えませんが、認印として考えた場合にはゴムであっても問題はないからです。

例えば、書類として回したものを選んだかどうか認印として押す程度であればゴム印でいいでしょう。
朱肉を用意したりしなくて済むため簡単です。
重要なのは押したという事実であり、押されたものに理由はありません。
お互いが目の前で確認のためにをしたのであれば、この認印でいいでしょう。
ただし、重要な内容を取り決めたものなどになれば、ゴム印では役には立ちません。
この点を理解しておけばゴム印は便利なものとなるでしょう。

シヤチハタ ネームエルツイン

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。