玄関の大きさ

物件の顔となる玄関

不動産投資の物件を選ぶ場合、色々な基準が出てきますが、第一印象がとても重要になるのは入居者も変わりません。
少しでも良い印象を受けるような物件を見つけるのは、空室率を下げるためにも重要なポイントです。
その要点の一つとして玄関があります。
どんな住宅でも玄関を通らなければ部屋に入れません。
初めて内見しに来た人が、最初に印象を受けるのは外観もかもしれませんが、内部に入って印象をスタートするのは玄関です。
住む人の属性などによっても、玄関の大きさには違いが出てきます。
非常に重要なポイントとなるため、改善できるかどうかも含め考えていかなければいけません。

玄関マット かわいい バスマット 滑り止め 速乾 吸水 抗菌

玄関の大きさとメリットデメリット

広い玄関は魅力的に映ります。
家の中に家具を持ち込むとして、余裕がある玄関は負担がかかりません。
色々な物を置くためのスペースとしても活用できるでしょう。
ベビーカーなどを置くといった使い方もできますし、自転車を収納しておくスペースにもなります。
靴などしまうスペースを新たに作っても、狭くならないのはメリットです。

逆にデメリットもあります。
同じスペースでも玄関に床面積を取られるため、部屋は必然的に狭くなるでしょう。
全体的なバランスが変わってしまう可能性も出てきます。

逆に玄関が狭いと他の空間が広くなります。
狭いが故に整理しやすい空間となるほか、様々な工夫をしていかなければいけないでしょう。
当然収納スペースは少なくなり、不便な部分も出てきますが、それを他の空間で大きないれば問題ありません。
最も注意しなければいけないのは、バリアフリーの問題です。
車椅子が入らないなどの問題が出てくるため、入居者を単身世帯にするなど絞込みが必要となります。
家族が少ないのであれば、玄関はさほど広く取る必要はありません。
この辺りは不動産投資としてターゲット男に見据えるのかが重要といえます。

山崎実業 マグネットキーフック&トレイ

実際に必要な喧嘩の大きさ

玄関が広いか狭いかを決めるには、主観で判断するだけではありません。
一般的な玄関の大きさ、1.5坪と言われています。
間口は最低でも135cm必要で、120cmになるとかなり狭く感じるため、閉塞感を覚える間取りとなるでしょう。

人数から逆算していくと、単身や二人暮らしあたりまでであれば、1坪しかない空間でもさほど問題はありません。
収納する量も少ないため、これで十分な大きさとなります。
ただし、女性を狙った不動産投資の場合には、靴が多く置けるかどうかは焦点の一つです。
靴箱を効率的に置くような配慮が必要と言えるでしょう。

ファミリー層となると、子供たちの動きも出てくるため、1.5坪が基準です。
開口部も大きく取るようにしておき、二人並んで入れるぐらいのスペースが必要となってきます。
これぐらいの大きさがないとストレスを感じるため、ファミリー層からは敬遠される可能性が出てくるのです。
土間とのバランスも重要で、奥行きがあるように作ると広く感じられます。

不動産投資としては大事な印象につながる部分になるので、十分注意して物件を選ばなければいけません。
魅力的な物件でも玄関が狭い場合には、工夫していることをアピールできるようにするべきでしょう。

ドアストッパー 玄関ドア 室内ドア止め

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。