原状回復にかかる費用

原状回復と費用

不動産投資でも賃貸している物件から住人が退去して行く時には、原状回復をお願いすることになるでしょう。
原状回復に関するガイドラインに関しては、過去の記事があるので参照していただければと思います。
それよりも現実的な問題として、いったいどれぐらいの費用がかかるのかも理解しておくと、揉めたりせずスムーズに進められるようになるはずです。
オーナーとしての立場だけではなく、住民側からの費用負担という部分も覚えておくのが酵素をしっかりと進めるためのポイントです。

ハウスクリーニングの相場

大事なポイントになりますが、補修に関する費用というのは正確な相場がありません。
業者によっても変わるため、はっきりといくらであると断言できるようなものはないのです。
これに関しては、業者などの指定は貸主ができるとされているため、しっかりと説明しておく必要があります。

一般的なハウスクリーニングの相場観として、ワンルームあたり1万5000円から3万円程度です。
一部屋増えるごとに1万円から1万5000円はかかります。
もちろん、使用頻度などによっても変わってきますが、ひとつの目安となるでしょう。
これもハウスクリーニングだけですので、修理が必要な部分はまた別途費用が必要です。

クリーニングに関わる部分として、床材の汚れはかなりの手間がかかります。
実際に簡単に落とせるようなものがあれば安価で済みますが、大規模になれば相当な費用が予想されるのです。
特に劣化が激しくなると交換しなければいけないことも出てきます。
ペット可などにしている場合には、フローリングにしていることが多くなりますが、退去と共に新品に交換するぐらいの考えを持たなければいけません。
それほど劣化する可能性があるため、入居の段階からある程度の想定をつけておく必要があります。
床材の種類によっても費用は変わるため注意が必要です。

自分たちでは難しい部分もある

不動産投資の物件として貸し出すてる間に、壁や天井が劣化する可能性はゼロではありません。
これが経年劣化からもたらされるものであれば、オーナーが費用を持つことになるでしょう。
壁紙は自分で貼るという人も多くなりましたが、1平米あたり1000円から1500円はかかります。
特にタバコを吸っている住人の場合には、天井も黄ばんでしまって交換するようなことも考えられるでしょう。
両方合わせて10万円近い出費が出ることも珍しくありません。

原状回復として厄介な問題が水垢やカビです。
ハウスクリーニングでおとせれば安上がりな方です。
パッキンやコーキング剤などに付着しやすいため、完全に交換しなければいけないことも出てきます。
このような場合にはかなりの費用がかかるのを覚悟しておいた方がいいでしょう。

同じようにキッチンの汚れも簡単に落とせない場合は出てきます。
自分で落とせない汚れというのも多いので、 費用は1万5000円から3万円程度とかかりますが、専門業者に任せてクリーニングしてしまうのが得策です。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。