フローリングの種類

効果的なフローリングは

不動産投資に活用する物件では、デザインがとても重要になります。
自分で入居を考えたときに、デザインでうーんと悩んむ物件は、やはりどこか気になり辞めてしまうか、早めに別の場所を考えるものです。
これでは、空室率が高まります。

そこで、フローリングは大きな役割を果たしてくれるでしょう。
部屋の中でも大きな面積をほこり、印象を変える存在となるからです。
デザインや質感なども大事にして、効果的なフローリングはどんなものがいいか考えなければいけません。

質感から考える

フローリングで重要なのは質感です。
質感でチープな空間に見える場合も出てきます。
明るくもできますし、暗くシックな雰囲気を作るのも、面積が大きな床材の役目です。
これが不動産投資に大きな影響を与えるのは間違いありません。

フローリングもいろいろなデザインのものが販売されています。
合板の上に化粧板を貼り付け作る複合材は、それこそいくらでも種類が作れるからです。
この中で、自分の気に入ったものを見つけられるかが勝負になります。
部屋の雰囲気も考え、質感を生かすのか、それともデザイン性をとるのかで考えてみるといいでしょう。

質感の部分では、無垢材もあります。
1枚板で作られる無垢材は、天然の風合いを前面に出せるのです。
表面のコーティング次第で変化が出るため、こちらも空間に遭ったものを見つけていきましょう。

部屋とフローリングの明るさ

フローリングのデザインは、単純に分ければ、明るいか暗いかに分けられます。
この二つの色合いに対して、模様などが入ってきます。
木目も細かいものもあれば、荒く自然に見せているものもあり、その風合いにも違いがあるのです。

部屋の明るさにも影響を与える部分で、暗いカラーのフローリングは、証明が強くても吸収します。
明るいカラーなら、そのままでも明るく見えるため、ダウンライトなどでも十分に明るさが取れるのです。
この反射も頭に入れて、部屋の雰囲気を考えてあげると、不動産投資として対象となる年齢層や性別、家族構成が見えてきます。
うまくマッチすれば、第一印象にも大きな影響を与えるのです。

もうひとつ不動産投資として押さえておきたいのが、メンテナンス性なのは間違いありません。
材質で違いが出るからです。
複合材のタイプは、トップ部分が撥水しやすい合板を使うため、汚れを落とすのも簡単で摩擦にも耐えます。
単層材は、1枚板ですので、水に弱いのが欠点です。
子ども部屋などは、複合材が向いていますし、書斎などならそこまで汚れないため、単層材のほうがいいでしょう。
こうした素材のメンテナンス性も頭に入れると、適切なものを見つけられるのです。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。