フローリングと投資額

フローリングにするといくらかかるのか

不動産投資の物件をフローリングにするのは、多くのメリットをもたらします。
何よりも見た目の違いが大きなポイントです。
現在では、不動産投資も洋風の物件が好まれ、畳敷きは敬遠される傾向がでてきました。
掃除も大変ですし、原状回復の問題から見ても、畳の方がデメリットが大きい部分があるのも確かです。

フローリングにメリットがあるのは当然としても、問題は投資額の部分です。
あまりに大きな投資額なら、不動産投資として使えません。
そこで施工方法ごとに、どこまで費用がかかるのか、検証してみます。

ウッドカーペットと畳の上から貼る

フローリングの値段は、大きさで変わります。
畳の上にそのまま敷くウッドカーペットの場合には、6畳でだいたい1万5000円ぐらいから見つかります。
もちろん、品質の高いものはもっと値段がしますが、大体この辺りとみておけば間違いありません。
自分でやるのであれば、これ以外の費用がかからないため、かなり安価な方法です。

畳の上にフローリングを取り付ける方法の場合、フローリングの単価は1平方メートルあたりになります。
この単価を覚えておくと全体の金額がわかりやすくなるはずです。

単層材の場合には、8000円弱程度です。
これを6畳に換算すると約10平方メートルとなるため、だいたい8万円弱ぐらいの材料費がかかります。
これを業者に依頼すると、人件費と付帯する材料費で、大体10万円ぐらいから施工してくれるところが出てきます。
実際にはもう少し高くなり15万円程度を予想すれば間違いありません。

複合材の場合には、材料費はもう少し安くなります。
大体6500円前後が相場なので、業者に依頼しても15万円を切るぐらいで収まるでしょう。

張り替えしたら

畳を剥がしてフローリングに張り替える場合、こちらの方がコストはかかります。
自分でやるのであれば、単層材でも最も基本的なタイプで1平方メートルあたり6000円ぐらいで見つかるでしょう。
畳の上に敷くタイプよりも、単価は安くなります。
複合材だともう少し安くなり5000円程度から出てきますが、耐久性の違いがあります。

どちらも業者に依頼すると15万円以上の予算を見なければいけません。
さらに畳の処分も必要で、自分で施工しても費用はかかるのです。

このように予算をみると、かなり用意が必要です。
見た目や性能の問題もあります。
色合いも考えないと、うまくマッチしないケースもあるでしょう。
これではせっかくのフローリングも生きません。
不動産投資としてまだまだ考えなければいけないポイントがあるのです。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。