不動産物件とフローリング

人気のフローリング

不動産投資で使おうと思っている物件が畳敷きだった場合には、少し考えなければいけません。
なぜならば、現在は畳よりもフローリングのほうが人気あるからです。
掃除も楽ですし、畳の管理もいりません。
家具を置いたら傷む心配もいらないからです。

退去する時に原状回復の対象としての畳は、不動産投資のオーナーの悩みの種です。
経年劣化で傷んだものは、原状回復の必要がないとされました。
それでも次の人に貸すとなれば、新しい畳に入れ替える必要が出てきます。

フローリングの方が、まだ耐久性が高いのも、不動産投資のオーナーに注目されるポイントです。
だからこそ、敷き替えも視野に入れて考える人が増えました。

フローリングカーペットで代用

畳からフローリングへリフォームする方法は三つあります。
一番簡単なのは、畳の上からウッドカーペットを敷く方法です。
誰でもできる方法で、手間は一番かかりません。
ウッドカーペットとは、木材をつなぎ合わせて作られたもので、見た目だけはフローリングです。

既製品ですので、部屋のサイズと合わないとうまく使えません。
どこかではみ出すかもしれないからです。
もちろん、カットサービスがありますが、そのぶん単価が上昇します。
下の畳はそのままなので、状況によってはカビが生える可能性もあり、思わぬ問題を生み出すことは覚悟しなければいけません。

フローリング材を張る

実は畳は剥がさずフローリング材を張る方法もあります。
畳の上から張るので、やはり手間はかかりません。
余った分はカットすれば、畳がわからない仕上がりにもできます。

問題は、湿度です。
畳が湿ったままになる可能性があり、カビの問題が出てきます。
施工する前には、必ず畳を掃除し、管操作手から施工しなければいけません。
それでも、一定期間で張替えするなど、対策は欠かせない方法です。

フローリングに取り替える

一番確実なのは、畳からフローリングに替える方法です。
畳をはがして、ベニヤ部分に張り付ける基本的な方法で、手間はかかりますが一番確実にできあがります。
浮いた状態にもならず、一体感が出るのも大きな違いです。
厚みの調整もできるので、入り口に段差ができたりしません。
これだけでも仕上がりに大きな差が出ます。

問題は、この工法が一番お金がかかる点です。
畳も処分しますし、下地の調整の必要が出るケースもあります。。
もっとも時間がかかり、技術も要求されるため、基本は専門家に依頼して、できるだけ早く仕上げるのも視野に入れなければいけません。
ただし、道具さえ揃えられるなら、素人でもできないわけではないレベルです。
それでも、仕上がりに差が出るため、許容できる物件か判断して施工したほうがいいでしょう。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。