物件選びと婚活は似ている

こんにちは!!
婚活のスピード勝負ならば、実績のある不動産投資家のコージーです!!
結婚すりゃいいってもんじゃないことは重々承知のうえ。
その記事「転勤族オンナの婚活戦略~楽天オーネット」

きのう不動産投資家の友人に「物件を買うまで、どれぐらいの数の内見をした??」と質問したところ、

「婚活は50人ぐらい」と。

いや、聞いていないから。
聞いていないけど、頑張ったなぁ。
コングラチュレーション。
そして、物件探しと婚活って似ているかも、と思いました。

物件探しと婚活は似ている

不動産投資関係ないだろ、と。

関係ないのだが、婚活50人と対面したという友人の物件購入までの内見数は「十数件」
さらに軍師大家の会のブローカー案件は、買わなくとも、なるべく現場に足を運んだ」とのことである。

「実際に見て、自分の目で良し悪しを判断する感覚を養う」と。
やはり勤勉でエラい。
私も今後、見習わねば…

実際、その友人は最近、売却益と利回り30%超というキャピタルとインカムの両面で成果を上げており、私と似たポジション(と勝手に思っていた)から、遠く飛躍しつつあり。
置いていかないで。

一方の私の婚活は、お見合い2人目が今の夫である。あちゃー

地方赴任中に「地元で相手を見つけたって、縁もゆかりもない土地に骨をうずめるワケにいかないじゃん」と気づいちゃったのである。
えぇ、人生設計をひっくり返すほどの恋愛体質でもないので。

「じゃ婚活サービスで東京や関東で働く男性と知り合おう」となり、楽天オーネットに入会。

3月末に入会し、7月に知り合い、10月に結婚。
そして、夫と都内へ転勤。
ねっ、スピードという意味では、なかなかの成果でしょ。

物件購入までの内見数は…

戸建て1号くんは競売で落札したが、それも元祖サラリーマン大家さんの藤山勇司先生のスクールを11月から受講し、年明けの1月末に入札4回目ぐらいで落札したのだから、ビギナーズラックだったのである。

調子に乗り、2号さんは6月末、3号殿は8月末と同一年内に3軒ポンポンと購入し、後悔する結果となった。
物件選びの目線が成長しないまま、抱え込んでしまったのだ。

2号さんを購入するまで。
業者1社、内見3軒ほど。
直後、同じエリアで別の業者で内見1軒目が2号さんだった。

3号殿を購入するまで。
ある業者で内見1軒をした直後、「レインズでお得な物件があった」と担当者から紹介され、購入を決めてしまった (ハメられた)。

これは婚活からの勢いが、悪い意味で影響したに違いない。
勢いも、そのまま続くと、必ず壁にぶち当たる。
購入はゴールじゃない。そこからが問題。
結婚も……ってか??

こだわりがないのは、ただの面倒臭がり

自己分析するに、これまで主体的に選んだモノ・人は少なく、こだわりなく目の前にあるものを受け入れる、というタチなのだ。

与えられた条件を「縁」だの「巡り合わせ」だので納得しちゃうのである。

婚活も2人目、マイホームも2軒目……
目の前にあるものから選ぶのって楽。
これって、ただの面倒臭がり屋ってだけじゃないか。

そんな感覚で物件を選んではいけないのだ。
ビビビッと来た、とかさ~
ただ前向きに考えるならば、物件はいくつでも手にいれることが可能ではある。

厄年が明け、齢(よわい)37歳にして、勤勉さと緻密さと慎重さを身につけたいと改めて思ったのであった。

ちなみに、ツイッターにて「不動産投資で時間もお金も(夫婦の)距離もゆとりを持ちたい」とつぶやいたら、特に女性から「いいね」をいただきましたよ。

はい、結婚よりも不動産投資が大事ということですね。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。