防犯性の高い物件とは

住民の安全性が重要

不動産投資において入居者の安全は重要な要件です。
安全に生活できる環境であるというのは大きなアピールポイントになります、長期的に見るとしてもらえる条件の一つともなるでしょう。
ファミリータイプの物件や女性の単身用など、安全性がアピールできれば用途も大きく広がっていきます。

物件を選ぶ際にも防犯性が高いかどうか判別していかなければいけません。
そのためのポイントを押さえておけば、同様の物件があった時にも選択の幅が出てきます。

周辺の環境と防犯の高さ

チェックするポイントとして、物件の周辺環境と犯罪件数があります。
これらは不動産投資においても大事な条件となるでしょう。
不動産会社に聞いてみると周辺環境の情報を教えてくれますが、何よりも売りたい側であることを忘れてはいけません。
そのためには自分の足で歩いてみて、本当に安全かどうか確認する必要があります。
時間によって安全かどうかの判断基準も変わるため、曜日と共に変えながら何度か訪れてみるのがポイントです。
犯罪件数に関しては様々な情報が得られるようになりました。
スマホのアプリなどでも簡単に情報が得られるため、自分で歩く時に一緒にチェックしておくといいでしょう。

周辺環境を見る時には見通しが良いか悪いかを見ておく必要があります。
見通しの良い環境にあれば、犯罪の発生率が下がります。
空き巣の立場になって考えてみれば分かりますが 、遠くまで見通せるような環境では、犯罪をしようとはしません。
どこかで見られてしまうからです。
逆に調子の悪い場所になれば、自分自身も隠せるようになるでしょう。
死角が多くなれば多くなるほど、防犯性は下がると考えなければいけません。

物件の現在の鍵の種類も確認の必要があります。
どのような鍵なのかによって防寒性は大きく変わってくるからです。
古いシリンダー型のキーが使われているようであれば、 ピッキングで簡単に開いてしまうかもしれません。
交換の必要も検討しなければいけないため、そのぶんの費用の計上できるようにする必要があります。


警察署や交番とともにマーキングサインのチェック

周辺のをチェックとともに警察署や交番の位置を調べておかなければいけません。
不動産投資においてのような公共施設は、とても重要な意味を持つからです。
仮にそこまでの機能していなかったとしても 、そういった施設があれば安全性は高まります。
近くに警察署や交番があるだけで、犯罪の発生率も下がるからです。

大事なチェックポイントとして、その物件の入り口などにマーキングサインが書かれているかどうかを見ておく必要があるでしょう。
メーターや表札、玄関などに意味不明のサインが書かれている場合があります。
これは独自のしるしであり、何人の人が住んでいるのか、単身なのか、それとも女性しかいないのかなど、情報として書かれているからです。
犯罪をしようとしている人間がマーキングサインを書いている場合もありますし、何かしらの営業者が判別するために記している場合もあります。
どちらにせよ、住人にとってはマイナスでしかありません。
不動産投資で取得し誰かに貸し出すとしてもデメリットを生じることになるため、安全性とともにチェックしておくのが大切です。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。