頭金

頭金は必要なのか

物件を手にするための頭金

不動産投資でも、収益物件を手にするためにお金が必要です。
このときに求められるのが頭金ですが、住宅の価格から借入額を引いたものが相当します。
5000万円の物件を購入したいと考えた場合、4500万円を借り入れて購入するのであれば、500万円が頭金です。
大事なお金であり、頭金の必要性の部分から考えていかなければいけません。

審査にも影響する

頭金は、ある程度まとまったお金として用意する必要が出てきます。
不動産投資でも最初に支払うお金に相当するため、貯蓄がなければ対応できません。
一般の住宅購入では、頭金は2割必要と言われます。
8割をローンに頼ることになりますが、実際には頭金なし全額ローンもできるようにはなりました。
競争が激しくなってきているという面もありますが、購入時には諸経費も掛かり、本体価格以上のお金を用意しなければいけません。
その問題からも、2割程度の頭金を用意できないのであれば、支払いにも支障が出るだろうと金融機関側から見て考えられます。
融資を受けるときには、必ず審査があるため、頭金を入れると有利になるのも確かです。

フルローンにする意味とリスク

頭金をなしでフルローンを組むこともできます。
フルローンで考えた場合、自己資金が必要なくなるため、有効な手段なのは確かです。
実質利回りが低い場合には自己資金の回収がいらなくなります。
問題は、リスクに対応できるかどうかです。

頭金を用意せずに不動産投資を始めた場合、なにかあったときに対応ができなくなります。
突然設備が故障して使えなくなったときには、修繕の必要が出てきますが、待ってというわけにはいきません。
すぐにでも修理してほしいといわれるため、対応できる資金が必要です。
原状回復の必要が出たときにも、すぐに費用負担をしなければいけません。
敷金で対応できる例は少なく、これだけで自己資金を使い果たしてしまうような例も出てきます。
5000万円の物件としてみていると、やはり10%程度の現金を用意しなければいけません。

頭金が用意出来ないようなときには、オーバーローンを組めるようにしたり、フリーローンを活用したりして自己信金の確保などが必要です。
物件の売却といった方法も考慮に入れておき、キャピタルゲインでカバーする方法も出てきます。
長期的に抱えてしまうと、修繕などのリスクが高まり、対応に資金が必要になるからです。
逆に頭金があれば、大きな物件を狙える以上、不動産投資としてみれば一定資金を抱えたうえで始める必要もあるでしょう。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。