通帳を巡るアレコレ


予告画像「地獄のスタンプラリーか!?」

通帳を見るの好きですか??
私は好きです。
特に不動産投資専用の口座!!
10軒20軒の貸家持っていたら、ダーッと家賃の入金記録が並びます!!
現時点で妄想です。
でも、ここ1年は億劫です。減っていく額が大きいからです。
これ現実。

さて、休眠預金についてまとめたのは、年明けのタイムリーな話題なので触れてみたってより、「壮大な前振り」であります。

うちにも休眠預金候補があります。
夫のS銀行です。新築ワンルーム投資用に指示され、開設されたものです。
清算したため、家賃や返済の入出金はなくなり、残額はたぶん1万台だが、現状放置。
解約し、そのスズメの涙を不動産投資の資金に組み入れたいが…。
いつでもいいものは、いつまでもやらない、の典型でしょうね。

不動産投資専用の口座をつくる

給与口座や貯蓄用口座と別に、不動産投資専用の口座をつくることは必須だ。
私は昨年4月、戸建て1号くんの家賃が入ってくるー!!てんで、喜んで開設。
家賃が入ってきたのは、その1ヶ月後であり、前のめり感がうかがえる。
(そして、すぐに滞納)。

R銀行にて開設。
「都市銀行の中では不動産投資に融資してくれやすい」という情報を小耳に挟んだこともあったので、私の華麗なる不動産収入ヒストリーを披露したいってことで。
現時点で妄想です。

ネットバンキングも必須である。
ATMに行かずとも、パソコンやスマホでリアルタイムで入出金履歴をチェックできる。
家賃滞納の迅速な対応には大事である。
実感がこもる。

また、入出金履歴には、えんぴつでのメモ書きも有効。
「~物件・固都税(固定資産税と都市計画税)」
「~物件・電気代」(リフォーム中の経費)……などなど。
融資を申し込む際、几帳面さや明朗さがアピールできるらしい。

電気代などの払い込み用紙は自宅送付にしたが、銀行窓口で通帳からの支払いにすれば、円単位まで同額が印字される。
これでメモ書きすれば「何にいくら」という記録が残せる。

通帳に預貯金を分散させておいてピンチを切り抜けた経験

口座にお金を分散させ、少しずつ増えていくのを確認するのが好きです。
竹を割ったような性格の女友達は「なんでも一つにまとめたい」と話していたが、オススメしない。
助かった経験は、マイホーム購入における、かなり限定的なケースだが。

「これまで、こんな多くの口座にまとまった額を分散されているお客様はおりませんでした~(ホッ)」。
売買仲介担当Aさんの安堵する表情が忘れられない。

年明け祝日のマイホーム売買契約の日。
重要事項説明書を全文読み上げ(法律で義務づけられている)、約2時間を要する長丁場である。
その後、売買契約書に売主と買主の双方が署名捺印し、購入代金の一部となる手付金を支払い、契約が成立する。

投資用物件の売買でも共通の手続きだ。

ただ、それまでの投資用物件は現金一括支払いだったため、手付金を払ったことがなかった。

「えっ手付金!?」と私。
「あっご主人様にはお伝えしたのですが……」とAさん。
金額は200万である……用意していない。

にらむ私。「また、オレのせいかよ!!」。
大晦日からの損失発覚により、責められ続けていた夫が逆ギレする。

一応事前に必要なものは何か確認していた。
「実印ぐらいだろう」という夫。

しかし、本来は……
・印鑑(ローン利用の場合は実印)
・手付金(現金か小切手)
・印紙代(売買代金によって異なる)
・仲介手数料の半金
・本人確認書類……が必要だったわけだね。

仲介担当者の皆さんが慌て出す。
「手付金だけは本日売主様に手渡ししてもらわないとなりません」。
売主様ははるばる大阪から訪れている!!

祝日のため、銀行窓口で一括引き出しは不可能。
ATMでの1日引き出し額は50万上限。
私は「もしかして使うかも」となぜか持参したすべての通帳たちを確認する。

かくしてAさんをお供につけ、4カ所の金融機関やコンビニのATMから50万ずつ計200万を引き出す行脚に出たのであった。
地獄のスタンプラリーか!!

なお、冒頭の「これまで、こんな多くの口座に……」のAさん発言は、この際のものである。
(というか、手付金を用意しない客なぞいなかったのではないか)

コンビニATMは、1回の操作で10万まで(または20万)しか引き出せないところがあり、繰り返す。手数料1回216円。
コンビニの片隅で、憮然とした表情で、恐縮するAさんに札束を次々手渡す私の姿は、もはやカタギのそれではなかった(と思う)。
夫の給与口座から50万を引き出そうとしたら、足りないし!!
はい、1金融機関追加~
R銀行さん、手数料0円だった、好印象。

売主様に無事、手付金200万を耳をそろえて渡すことができた。
以後、重要な連絡は私にもらうことをAさんにお願いした。
「後日でよい」と許可された仲介手数料の半金はその場でネットバンキングの振込予約を済ませたのであった。

目的や用途によって開設される数々の口座。
「いつの間にか残高がここまで増えていた」というの、楽しい。
そして、こんな時に役に立つのだ(??)

しかし、その存在を忘れ、うっかり「休眠預金」にしないようにしないといけませんね。
休眠預金ありませんか。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。