資産運用、金に時間の縛りをかけて後悔

か、金が取り崩せない…

こんにちは!!
ぶれぶれ不動産投資家のコージーです!!
ちょうど今「老後2000万」問題で、資産運用に注目が集まっていますよね。

私が不動産投資に参入したのは2017年3月ですが、資産運用に取り組みだしたのは、その1年前から。
その資産運用もポンコツなのです。
動機は「漫然と金を銀行口座に置いておくべきではない」でしたが。

しかし、今の実感としては「お金に時間の縛りをかけるんじゃなかったぁ~」です。
不動産投資の資金が足りない!!
詳しく振り返ります…。

お金に時間の縛りをかける??

老後の資産形成として話題になっている「つみたてNISA」や「確定拠出年金」。

確定拠出年金は「60歳になるまで引き出すことができない(さらに元本割れしていたら回復するまで、最長70歳まで待つハメになるかも!?)」
つみたてNISAは「売却(現金化)したら、その分の非課税投資枠はもう使えない」
以上の制約があり、資金の自由度が低い。

特に確定拠出年金!! つみたてNISAも長期投資を前提とした制度ですな。
節税効果を謳い、市場に国民の預貯金を流入させ、容易には流出させない。
これがお前ら(国??)のやり方か!?

子どものいる家庭なら多くが契約しているであろう学資保険や定期預貯金も”縛り”がありますよね。

とにかく家計に無理のない範囲で積み立てるべきですが、その範囲だって将来的には流動的。
今となっては分かることだけど、2016年当時の私はさらに二つの保険商品で”縛り”をかけてしまったのだ…。

節税効果を謳った投資信託のできる「変額有期保険」で節税以上の”手数料”

はい、アクサ生命の「ユニットリンク」です!! 月3万。
どうやら、月5000円前後、保険料として積立金から差し引かれているらしい。
いや、問い合わせたが、明確な額は答えてくれなかった。
完全に投資信託と錯覚していた私からすりゃ、バカ高い手数料と一緒。
そして、私はバカ。

これが10年縛り。2026年3月まで!!
つまり、10年未満で解約すると多額の解約控除による元本割れ確定。
さらには20年以上運用しないと月3万の積立金の”元本”を上回る運用益は期待できないっぽい…。

で、肝心の節税効果とは。
あるFP事務所のマネーセミナーで、ドルコスト均等法や「長期・分散・積立」という投資の鉄則を学んだわけだが。
保険商品で投資信託をすれば「生命保険控除」が受けられるとか「一時所得扱い」「税の繰り延べができる」だとか。
そんな説明だった。

3万積み立たつもりが、実質2万5000円(もっと少ないかも)しか積み立てていないとすれば、メリットなし!!
生命保険控除の上限も他の保険で使い果たしているし、メリットなし!!

確認不足だった私が悪いが、ちゃんとした説明もなかったぜ。
実際、同様のクレームが殺到しているらしく、2016年6月ごろに商品説明を改訂したとか。
無知で無謀だと、こうなるのでよくよく確認を。

外貨建て保険(一時払終身保険)の為替変動リスクをまんまと被る

はい、マニュライフ生命の「未来を楽しむ終身保険」です!!
一時払いで300万入れました。運用120%を達成した時点で引き出せる、という商品。
「平均3~4年」という実績らしいが…。

豪ドル建てなんですけどー、私が契約した2016年3月当時86.74円が、今や74.79円!!
円換算で絶賛大幅目減り中!!
今、ちょうど「外貨建て保険で苦情急増」というニュースがあったが…でしょうねぇ。
豪ドル下落のせいでしょうねぇ、そして、その渦中にいるのが私。

いつでも現金化できるインデックスファンドがベスト!?

はい、もう積み立てる金がないのでやっていません。
ただSBI証券と楽天証券、二つのネット証券に口座開設するところまでやってある。

インデックスファンドがなぜいいかは、水瀬ケンイチさんの「お金は寝かせて増やしなさい」を参照してくださいませ。
私も一時感化されました。
財テクマニアの友人も評価しているので、ご安心を。

不動産投資を始めた私としては、サブ的な資産運用に不可欠なのは「すぐ現金化できること」だと身をもって実感した次第である。
まっ仮想通貨含め、含み損の塩漬け状態ってことですな!!
不動産投資もすぐに現金化できない。しかし、それを上回るメリットが定期収入化なのだ。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。