見積もりは詳細が大切

いろいろと出てくる見積もり

不動産投資をしていると、さまざまな場面で見積もりを見かける機会が出てきます。
正しい判断と契約には欠かせないのが見積もりですが、いろいろと抑えておかなければいけません。
特に契約との兼ね合いが不動産投資でも重要になります。

時間とともに精度が上がる見積もり

見積もりを作成するタイミングはいくつかあります。
建物の修繕を依頼する場合で考えてみると、まずは相談した段階で、ある程度の概算をはじかなければいけません。
どんな内容になるのかでも違いますが、修理会社に連絡入れたときなども、まずはどれぐらいかかるか教えてくれるはずです。

次に現地調査をして情報の精度を上げていきます。
情報の精度が上がるたびに、見積もりの内容もしっかりとしていくため、確実なものに代わっていくでしょう。
もちろん、この時点でもすべて確実というわけではありませんが、ほぼ概要がつかめた結果、信用度も高まります。
修理をする契約をするとしたら、この時点になるのは、それだけ信頼度の高い情報を提供してもらい、費用がはっきりしたからです。

安ければよかったかどうかの判断も大切になるでしょう。
利益を上げるためには、コストを下げるのは当然です。
安いところを探すために相見積りを取りまくり比較するという方法もあります。
ですが、情報の精度という段階で相見積りがどこまで取れるかを考えなければいけません。
安くなれば、それなりにどこかにしわ寄せがいきます。
人件費を下げれば職人の質が下がるかもしれません。
材料費を抑えれば、満足いくものができあがらない可能性もあるでしょう。
どこまで信頼ができるのか、見積もりの内容を細かく見ながら検討したうえで、コストの違いを考えるべきです。

詳細は必須

不動産投資に関わるリフォームなどの見積もりでも、よくあるのが一式見積もりです。
簡単に書かれているのが一式見積もりで、中身はなにをするのかはわかりません。
作る側から考えると、一式と書いてしまうのは大変簡単です。
なにも内容に言及しないため、作成にも時間をかける必要がなくなります。
利用がわから考えると、なにをするのか、なにを使うのかわからないうえで契約していいのかどうかです。

詳細が添付されると、なにをするのかが見えてきます。
不動産投資として考えれば、内容が全く分からないという状態はないでしょう。
そこで、細かく質問していきます。
一体なにがどれぐらいで、いくらかかるのか、人数に至るまではっきりさせなければいけません。
それが納得いくなら契約して作業をしてもらうというのが大切です。

ここまでしたとしても、本当に納得がいくレベルになるのかどうかはわかりません。
施工してみての判断という部分もあるのは確かです。
不動産投資の物件なのですから、腕のレベルがわかる信頼できる業者を見つけておき、いつでも頼める状態を作るのも大切でしょう。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。