窓ガラスで節約のアピール

窓ガラスと室温の変化対策

夏場は暑い、冬場は寒いという物件は、どうしても長く入居者がつかない場合が出てきます。
理由は、季節によって電気代やガス代、石油代などが増加するためです。
節約ができる物件であれば、入居したいと考える人はたくさんいます。
不動産投資用として考えても、節約ができる窓ガラスとなればかなりアピールできるようになるでしょう。
こうした細かなポイントを抑えるのが、空室率の低下に役立ちます。

冬の寒さには熱を逃がさないこと

冬場の寒さは、かなり厳しい状況が生まれます。
単身用物件としたら、すぐに暖められる部屋のほうが便利なのは間違いありません。
暖房の効率というところにつながりますが、窓ガラスから逃げてしまう熱というところに注目するだけで、違いが生まれてきます。

熱を逃がさないというところでは、複層ガラスが重要な役割を持ちます。
複数のガラスを使っているのが特徴で、間に空間があるため温度を逃がしにくい構造です。
外の冷気も緩和できるため、冬にぴったりの構造でしょう。
大幅に交換してしまうのであれば、サッシを樹脂製にしたり、二重窓にすると言った方法も有効です。
アルミサッシはすき間が開きやすく、金属製であるためどうしても熱が逃げます。
交換してしまうだけでも、かなりの効果を期待できる方法です。
ただし、費用がかさむため、リフォームが必要な物件のときに有効な方法になるでしょう。
位置的にどうしても温まりにくい場所にある場合にも検討しているだけの価値はあります。

夏の暑さやプライバシー保護にも

夏の対策として有効なのは、遮熱タイプと呼ばれている窓ガラスのLow-eガラスです。
特殊な金属膜を持った複層ガラスで、外部からの熱を遮断できる構造のため、冷房効率を高めるだけではなく、外気の影響を下げます。
この窓ガラスの面白いところは、方向を逆にすると室内の熱を逃がしにくい断熱ガラスになるところです。
冷暖房費という部分では、こうした窓ガラスを入れるだけで違いが生まれます。

不動産投資として物件価値を高めるという点では、視線の問題もあるでしょう。
単身女性をターゲットとした場合、視線が入ってしまうような物件は敬遠されてしまいます。
隣に一軒家がたって、部屋の中が丸見えになってしまえば、これは入居対象から外れてしまうはずです。
目隠しに使えるガラスの中を使った複層ガラスを使うだけでも、断熱を期待しながら視線対策になります。
防犯ガラスに交換してみるだけでも、配慮されているのがわかれば、入居の対象になってくるはずです。

窓ガラスは生活に欠かせない部分が大きいため、アピールポイントとして不動産投資でも大事な役割を持つでしょう。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。