猫のおしっこ?? 貸家の消臭対策

写真は玄関タイルに必死でスチームを当てる様子。
※作業しているのは夫の手で、私のではありません!! 笑

こんにちは!! 満室経営の不動産投資家コージーです!!
満室とは言っても、戸建て3軒ですが、間違いではないですよね??
戸建て1号くんの入居は7月からですが…

4軒目はこれまでの反省を大いに生かし、利回り20%以上の戸建てを狙うか。
木造アパートに挑戦するか!?
当面先のことになりますが、勉強や自己資金づくりに励みます。

不動産投資用の戸建て1号くん、連休最終日の月曜に家族労働で清掃し、水曜には入居の申し込みいただきました~審査も無事通りました~
やはりキレイで印象がよかったのでしょうか!!

清掃の重要課題は、不動産投資で大切な「消臭対策」でした。
この記事では、どんな対策を施したのか、ご説明したいと思います~

猫多頭飼いだった戸建て1号くん。玄関ドアを開けると独特の臭い。気持ち悪い。

別に糞のような臭いでないが、芳香剤も混じったような、猫のおしっこ臭も混じったような。
そんな印象。

かつての入居者は家賃滞納により昨年6月に強制退去となり、その直後、屋内に入った私は大量発生したノミに全身刺されるという「ノミテロ」に遭う。
ノミ消毒を施し、昨年10月、リフォームを依頼。半年経過しても工事完了とならないという、まぁトラブル続きなわけである。

関連記事。
家賃保証をフル活用した1号くん
ネコ物件にノミ大量発生
相見積もりしないと業者は動かない

リフォームを進めるにつれ、クロスやクッションフロア、和室の洋室化した部分は臭いが解消されたのだが…。

しかし、肝心の玄関の床タイルや下駄箱は原状のままで、臭いも残ったままだったんだな!!
加えてサンルーム。
経費削減のため、クロスやクッションフロアは原状残しとなり、臭いが残った。

内見のファーストインプレッションを決める玄関が臭いとは大問題である。
必死に消臭対策を調べる。

消臭作戦。まず「熱湯」。次に「次亜塩素水」。最後に「重曹」。

前段。
長期間の臭い放置は、玄関タイルや床や壁に染み込んでいる可能性が高く、除去は難しいらしい。
絶望的。
一度、オゾン脱臭サービスの業者に問い合わせたら「染み込んだ臭いに対応できない」とお断りされる。
もう、自分でできるあらゆる消臭対策を調べ上げ、施すのみだ。

手順その1、熱湯。
タンパク尿はヒトの健康障害だが、猫の尿は「コーキシン」というタンパク質を大量に含んでいるらしい。
これが猫特有の悪臭の原因であるが、タンパク質なので熱湯で分解することが有効、らしい!!

我が家で5年眠り続けていたスチームクリーナー出動!!
クッションフロアやクロス、玄関タイルや周辺にスチームを当てまくった。
独特な臭いが蒸気とともに上がってくる。
玄関タイルにいたっては、熱湯を2回流すという徹底ぶり。

その2、次亜塩素酸水

数ある猫の消臭剤を調査したところ、たどり着いたのが、これ。
似たものに次亜塩素酸ナトリウム(キッチンハイターなど)があるが、次亜塩素酸は除菌・消臭スピードが約80倍らしいのだ。
(逆にすぐ分解するため、ターゲットの臭い成分以外で反応してしまうと、効果がないというのがデメリット)
しかも、水と塩だけで精製され、分解後の安全性は高い。

乾燥後にスプレーでまきまくった。

その3、重曹
長期的に消臭&湿気をとる対策だ。
こちらも安全性は高く、乾燥後のクッションフロアや玄関タイルにばらまき、上に新聞紙を敷いておくという方策を考案する。
じわじわ臭いを回収してくれることに期待する…。

湿気により臭いが上がるようで…。

寒い冬や天気の悪い日に訪れた日は、臭いが気になった。
スチームクリーナーを当てた時も蒸気とともに臭いが上がってきた。

だが、実はこの前の月曜は快晴で、玄関ドアを開けると、懸念していた臭いをそこまで感じなかったのだ。
消臭対策も施したが、重曹を敷く手順は割愛した。

そして、内見いただいた日も快晴。
カラッと快晴効果&消臭対策が奏功し、きっと入居の申し込みをもらえたのだろうと思う!!

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。