ハザードマップ

物件の選定にはハザードマップも活用

災害というリスクの管理のために

被害予測を地図にしたものが、ハザードマップです。
自然災害を予測していますが、発生地点から拡大していく方向や被害予測なども記されているほか、避難場所までの経路などの情報が乗せられています。
大事な資料となりますが、不動産投資にも欠かせません。
その理由はリスク管理であり、災害リスクを低く見積もると、もしものときにはすべて資産を失うかもしれないからです。

自然災害は予測不可能なリスク

不動産投資の物件は自分の資産であり、周辺環境が投資効率にも影響してきます。
リスクとしてコントロールできないのが自然災害であり、これを予測せずにいたら、大きな損害を生むかもしれません。
自然災害は全く予測がつかない部分もありますが、ハザードマップをみると、いったいどのようなリスクを抱えているのか一部が垣間見えてきます。
高額な資産なのにもかかわらず、流動性が低いのが不動産の特徴です。
大金を投じてあとで危険とわかっても、簡単に手を引くわけにはいきません。
仮に洪水にあい、家が流されたとしたら、一瞬で資産価値がゼロになる可能性が出てきます。
それも震災のときのような状況になれば、土地の価値も限りなくゼロになるようなケースも出てくる点を考えなければいけません。
そのためには、不動産投資においてハザードマップは重要であり、活用していかなければいけない情報です。
この情報を知らなかったことで、あとから後悔したとしても間に合わないと思っていいでしょう。

だれでも見られるという意味

ハザードマップの活用は簡単です。
自治体単位で発表しているものを見るだけで、自然災害が起きたときの予測ができます。
安全に避難できるための場所なども判明してきますが、不動産投資で重要なのは、自分の資産が被害を受けるかどうかだけではありません。
このハザードマップを借りたいと潜在的に考えている人も見られるところです。
便利な場所で検討したいと思っても、ハザードマップで危険地域に入っていたら、その物件の価値は、その人の中で下がっていきます。
少々不便でも、安全なところに住まえるとしたら、その価値は当然高まるでしょう。
これを売りにして募集をかけることもできます。
オーナーからしっかりとした情報提供を受ければ、安心感も違うはずです。
信頼関係も築きやすくなるため、不動産投資の対象の物件ではハザードマップのチェックは必須事項といえるでしょう。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。