減価償却の思い出と「大家さんと僕」


三連休の中日ですが、確定申告(私の場合、還付申告の予定)の作業は、特にほぼ進みませんでした。

夜型人間なので本番はこれからです。
その気になるまで待ちます。
すでに「やらなきゃ」という”雑念”を捨てるところまで、開き直っています。
私は一度着手すると、寝食を忘れて、没頭するタイプなのです。
ゾーンに入るわけですな。
って芸術家か!?

実働時間は短いが、長い時間を要する仕事ぶりなのです。
だから、激安戸建て不動産投資で家賃収入を確保し、クリエイティブな生活したいです。

実は私、不動産投資をはじめて今回が2回目の確定申告ですが、前回はある若手の税理士さんに代行してもらいました。
だから今回初めての申告作業ということです。

互いの見解をぶつけあったのが減価償却の対象となる「建物価格の算出方法」でございました。

減価償却できるのは建物価格のみですから、なるべく土地建物の内訳を建物多めにしたいところ。
根拠が必要です。

戸建て1号くんは競売物件なので、競売資料の一つ、不動産鑑定士による評価書の按分を採用してほしいとお願いしました。

これステキな算出方法で、公示価格から算出した土地価格の55%を「土地利用権等価格」として、控除し、建物価格につけ替えているんです。
結果、全体価格の56.2%を建物価格と設定できるわけです。

しかし、税理士さんは合理的なのは固定資産税に基づく按分だというのです。
これだと建物価格は38.5%。

建物価格は初年度に設定されるので、こちらも譲れません。
最終的に評価書の按分を採用してもらいました!!

売買契約の際、売主さんに例えば「建物8対土地2の内訳だ」という趣旨の文面に合意してもらう方法もあるらしい。
判例でも妥当性が認められたらしい、と聞いたことがある。

まぁ土地建物を鬼のような指し値「鬼指し」で安く買えば、建物価格を高い割合に設定しても違和感はないかもしれません。
市場価格に照らし合わせても、なお安いことがありえますからねぇ。

他の2軒は今回、建物価格を算出することになります。

さて、久しぶりの目指せ!!「大家さんと僕」企画!!


この「もっと」っていう言い方が本当に面白いんだな。
ブランコが引き返し、再び背中を押される瞬間までのタメの「ん~」がいい。
そして、解放された「もっと」の韻が、もうロックミュージシャンのそれである。
後半はちょっとイッっちゃっていますが、創作活動に行き詰まったのかなぁという背景を想像させる内容となっています。

矢部太郎さんの「大家さんと僕」にあやかろうと、気が向いた時に四コマ漫画に挑戦。
なお不動産投資は関係ありません。


ドラマといえば、相も変わらず、医師、弁護士、そして、警察モノである。
というわけで、娘たちの日常を事件タッチで描いてみました。
不当逮捕だし、お姉ちゃんはえん罪だし。
ポンコツ刑事ですな。


友人親子の特別出演です。
私の目の前で繰り広げられた”事件”ですが、思わず笑ってしまいました。
ママは見てなかった。あーもったいない!!

おかきが凶器って!!
そして、サービスしてもらうって、どれだけ常連さんなんだ。
姉妹の仲にヒビが入って「割れせんべい」ってところかな。


ついに立てこもり事件を起こしてしまいました。
すっかりお姉ちゃん、犯人キャラが板についてしまって…。
いやいや。
我が家に遊びに来た時も帰り際に粘り、ベッドの柱を両手でつかみ、私が両足首を引っ張り、同じような体勢になっていました。
さながら、バリケートから引きはがされる学生運動の若者のようでした。

目指せ、シリーズ化!!
目指せ「大家さんと僕」
結婚の決め手は夫の不動産投資
ぎっくり腰で不動産投資の目的を考える
また郵便ポスト忘れた

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。