注目されてきたREIT(リート)とは

REIT(リート)とは

不動産投資のひとつとして、かなり浸透してきたのがREIT(リート)です。
REIT(リート)とはといわれると、なかなか知られていない部分もまだあります。
投資法人がお金を集めて不動産に投資するというシステムで、家賃などで得た利益が配当金となる投資方法として活用されるようになりました。
10万円程度から投資ができるようになりましたが、重要なのは価格が変動する点にあります。
証券化されているうえ、証券会社で購入できるところからも株式投資に似ていますが、非常に多くのかたちを持っています。
商業施設の不動産に特化していたり、オフィスビルやホテルといったものにも投資を展開していたりするところが特徴です。
単一のターゲットから複数の不動産に投資する総合型と呼ばれるREIT(リート)まであり、リスクはできるだけ少なくなるような分散措置もとられています。

REIT(リート)の持つメリットは

注目されるREIT(リート)ですが、不動産投資と比較してメリットも考えてみなければいけません。
最大の特徴といわれるのは、高い利回りが期待できる点です。
期待できるということで確定されているわけではありませんが、一般的な不動産投資よりも低いものの、株式投資よりは高くなるとされています。
10万円程度の少額から投資ができて、証券取引所に上場することで、流動性の高い商品です。
換金性の良さは重要で、不動産投資の弱点を解消できているともいえます。
実際の運用も専門家が不動産を探し出し募集をかけたりするため、手間も掛からずリスクを下げられる方法です。
もちろん、分散投資になるため、リスクの軽減にも役立てられます。

メリットばかりに見えますが、そうはいきません。
株式投資と似ているのは、メリットだけではなく、デメリットとして上場廃止の可能性を秘めています。
上場廃止になるときには、倒産の可能性も考えなければいけません。
投資法人が扱う以上、倒産すれば一瞬で失うことになります。
これは株式などと変わりません。
配当金となるため、金利の変動を直接受けてしまうところも、不動産投資と明らかに違うところです。

不動産投資がもつメリットと比較

すべてREIT(リート)のほうが好条件なのかといえばそうではありません。
利回りだけを見れば、不動産投資のほうが高まります。
借入れしてREIT(リート)に投資するというのは、現実的に難しいため、レバレッジを考えれば不動産投資のほうが効率的です。
不動産は資産として残りますし、ローンが終われば担保価値を使ってほかの物件へと広げられるなど、リスクを分散できます。
もちろん、流動性の低さはよく知られたところで、大きな資金も必要です。

少額の投資という点では、不動産投資よりも向いています。
リスク分散にも使えるため、不動産投資と併用するのも方法といえるでしょう。
それでも、リスクがゼロになるわけではありません。
必ずリスクがあることを理解して、運用先として利用することが求められます。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。