日当たりの良さの影響

日当たりの影響

物件を選ぶ際のポイントはいろいろとありますが、日当たりが良いというのは、大きなアピールになるでしょう。
不動産投資の物件選びをするうえでも、日陰より日当たりのいい物件が好まれます。
こうした部分から、日照の状態によって、物件の価格も変わってくるのは当然のことです。
空室率を下げるという意味でも、どのようなことなのかを確認する必要が出てきます。

条件の良さに影響する方角

一般的に、部屋が暑くなるほどの日当たりとされているのが、西向きの部屋です。
夕方に日照が良くなるのが特徴ですが、これだけが厚くなるほどの意味ではありません。
それまでの時間熱せられた上で、夕方に火が入ってくるから暑いとされています。
南側に日当たりのいい場所がある物件は、冬場でも明るく暖かく過ごせるでしょう。
なぜかといえば、日本の地理的な条件として、太陽は南側に傾いた軌道を取るからです。
夏は天高く、冬は高さの起動が低くなるため、南側に開けているほうが冬でも明るい条件がそろいます。
日照のいい物件という意味では、午前中に日が当たる東向きも好条件です。
夕方には日が当たりませんが、気温も下がるため、洗濯物を乾かすには東向きのほうが良いとなります。

南側に遮るものがないのが大事な条件ですが、雑木林などであれば手入れひとつで変わる可能性が出てきます。
建物がある場合には改善できませんが、注目するべきポイントになるでしょう。

開発などから見る将来予測

日照不動産投資でも大きな影響を与えますが、問題はあとから変わってしまった場合です。
自分の土地であればコントロールはできますが、日当たりが急激に変化するような状況では、日照権を争い訴訟を起こすケースもあります。
ただし、かなりの時間を要するため、結果として有効な手段といえないケースが大半です。
ここで重要なのは、大きな建物で遮られたりしないかどうか、不動産投資として判断して選ぶところにあります。

土地の活用には、ある程度条件がそろわなければいけません。
開発という点にも注目が必要です。
購入前に現地に行ってみると、これから先どのような開発が期待できるのか、全く期待できないのか、雰囲気を感じるでしょう。
物件の状態も、こうした雰囲気に影響を受けます。
開発が進みそうではないところは、やはり寂れた印象も受けるからです。
周りの道路を見ると、あい路が多く、開発に手間がかかると感じるかもしれません。
逆に極端に大きな道路に作り代えられていたり、現在開発が始まっていたりすれば、入居者も集まりやすいと感じるでしょう。
そうなれば、当然大きな建物も建つかもしれません。
自分が狙っている物件の周りに建てば、当然日照に影響を受ける可能性が出てきます。

次に開発計画を調べていきます。
該当する役所に行くと、さまざまな情報を目にできるはずです。
今のところはなにも建ってはいないけれど、実は建設が計画されていたというのは、珍しい話ではありません。
高層ビルの建築には、相当な時間がかかります。
計画も数年単位になりますし、行政主導の開発計画もある可能性も出てくるため、日照に関する影響も予測ができるはずです。

現在のところはなにもなくても、もっと大規模な開発が始まる可能性も出てきます。
そのひとつに挙げられるのが、交通網の整備です。
この情報がわかるだけでも、今後の開発速度の予測ができます。
交通網の整備をすると言うのは、それぞれ条件があるためです。
なにか大きな建物が建つという条件で交通網が整備される場合もありますし、誘致のために整備計画が実施される例もあります。
こうした情報を得られると、将来の日照に関する予測にも役立ちますし、入居者層も見えてくるでしょう。
大事な情報となるため、総合的に判断することが大切です。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。