戸建て3号殿、コンクリ車出動!!

遺跡発掘現場じゃないですよ。

通帳管理していたら、夫の給与口座から「セゾン」の引き落としが!?
今月2405円。直近では、昨年2月172円、3月485円。
夫に一体、何のカードの引き落としか、何の代金なのか、聞いても「分からない」って。
ぶ、不気味…。
得体が知れないまま、万が一、来月100万とかになったら、どーすんだよぉ、おい。
至急、銀行に問い合わせるように命じようと思います。

というわけで戸建て3号殿であります。戸建て賃貸の不動産投資におけるリフォームでは、まず、まず見られないであろう、超スペクタクル基礎工事の写真でございます。

土の掘り起こしは手作業だったようです。

ホームインスペクションを活用したうえで決断した、基礎にまで及ぶ巨額リフォームの見積もりは900万超!!
現金で工面できるはずもなく、リフォーム業者が提携する○リコのリフォームローンで約500万を借りることに…(私名義)。
10年間、金利3%。
手元資金は底をついた。
そして、シロアリ瑕疵担保の示談交渉も、当初見積もりから追加資金のかからない内容で終えられた。

そして、まだある懸念材料、それはコンクリ車!!
えげつない再建築不可物件の3号殿の基礎にコンクリを流すためには、私道途中の私有地にコンクリ車を一時置かせてもらわねばならない。
年明け早々、私がお願いに所有者宅を訪ねたが、不在で会えず。
さて、どうなったのか。

若社長に一任し、特に私に報告もないまま、”無事”完了していた!!

頼もしい。
だから、コンクリ車が現場に来た場面を私は一切見ていない。

んで、ブログに掲載したいなと思い、つい先日「思い出に写真送ってくれませんか」と事務の方にお願いしたところ、39枚も写真送ってくれましたー
ほんの一部ですが、掲載します。

基礎の脇の土を掘り起こし、露出させ、内側に新たなベタ基礎を打つべく、型枠を設け、鉄筋をセッティングした工程であります。

どんだけ基礎ボロボロやねーん!?!?

ただ、詳細の作業については、あまり把握しておらず、写真の詳細な解説はできません!!
コンクリ流す”前”の工程でしたね。

だが、その後、コンクリ工事を巡り「爆弾」を抱えている状況を把握する。
余談。
きのう深夜に友人から「『爆弾』キング250グラムいく」というLINE。
女子ソフトボール日本代表のベテラン投手、上野由岐子さんの言葉「口にするものに責任を持つ」を引用し、そして「無責任の連続」だと。
ここで言う「爆弾」とは、北関東の一部でチェーン展開している「フライングガーデン」の看板メニューである「爆弾ハンバーグ」のこと。

話戻って3号殿にとっての「爆弾」とは。
まさにコンクリ車を停めさせていただいた私有地の所有者Aさんである。

若社長に聞いたところ、最終的にもちろん許可はもらったわけだが、大変だったらしい。
まず、私有地手前の公道の幅を測っていたところ、所有者の男性から怒鳴られたらしい。
工事中も「この私道(登記では所有者のもの)に物置を置いてもいいんだけどねぇ」とか言ったらしい。

それだけで私は冷や汗ものである。
私「菓子折でも持って、お礼伝えたほうがいいですかね??」
若社長「いや、やめといたほうがいい。刺激しないのが一番」
ね、不発弾のような言い方でしょ。

さらなる情報は、リフォーム後、3号殿の隣地の所有者の女性Bさんからである。
そう、えげつない再建築不可物件の心強いお仲間がいるのだ!!
Bさんもベテラン不動産投資家。
おそらく50代か60代。
「実はAさんも購入を検討していたところ、折り合わず、結果的に私が物件を買ったのよね」とのこと。
一度は欲しがった土地が他人の手に渡り、面白くないのだろうという。
なるほど。

ちなみにBさんも平屋戸建てを不動産投資物件として賃貸しているのだが、やはり基礎にコンクリを打ち直したそうだ。
その計画が素晴らしい。
実は我々の物件の広大な隣地は新しいマンションである。
Bさんは、そのマンション建設中しかチャンスがないと思い、工事現場にコンクリ車を乗り入れさせてもらい、平屋に寄せたそうだ。
「アナタよく許可もらったわねぇ。どうお願いしたの??」と感心された。

頼もしい若社長がやってくれました。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。