戸建て1号くんの前所有者Sさん その2 ~いざ面会~

所有権は私に移転したが、そこに住み続ける前所有者

競売で物件を取得した場合、前所有者とは退去やリースバックの協議をし、合意しなければ、先に進まない。

この前所有者と連絡を取ることが、第一の関門である。そこに住んでいれば、最終的にはピンポンと尋ねればよいが、最初ははがきや電報という「刺激しない形」で接触するのが得策だという。

一方、前所有者がすでに物件から出ていても、占拠状態であることは同じで、置いたままの家財を勝手に処分すれば、こちらの落ち度となってしまう。裁判所の競売資料に携帯番号のメモがあれば、みっけもんだが、何も書いていないと連絡を取るのも苦労する。裁判所の担当者は携帯などで連絡を取り合い、連絡先を把握しているが「個人情報は教えられない」と言って、教えてはくれない。

今回の私の場合、電報でようやく前所有者なのに、そこに住んでいるSさんから返事が来た。

いざ、Sさんと面会

面会は衆人環視で実施するのが鉄則だ。1人でなく友人や知人も立ち会ってもらうべきだ。それは夫だ。(娘たちは伯母宅で待機する)

初めての経験で緊張したが、ショートメール上での言葉遣いはまともなのでそこまで警戒はしなかった。待ち合わせ時間から少し遅れ、入店すると、モーニング(トーストをチョイス)を食べるSさんが!?

ハゲたオデコの丸みが印象的なぽっちゃりさんだ。ゆるキャラだ。対応は常識的だ。

まず、返事が遅くなった理由について。「いやぁ留守電入れてもらった時、後ろで子どもの声がして『あれっ? 業者じゃないのかな』って少し安心したんですよ」

実は開札前から「うちが落札するから退去の話進めさせろ」など、入札業者から数件アプローチがあったらしい。
それで恐れおののいて、シャットアウトモードになっていたようだ(それもどうかと思う)。
そこに子持ちのオンナが連絡してきたものだから、何とか返事してきたということだ。

母の後ろではしゃぐ。そんな娘たちの粋な演出がSさんの頑なな心と重い腰を動かした!!  ナイス、娘たち!!

競売の経緯はこうだった。以前は亡くなった認知症の母の徘徊があり、その後は糖尿病で足を切断し、寝たきりになった父の介護で、一人息子のSさんは仕事がままならず、無職に。父の年金で生活するようになり、ローンの支払いは滞納。その後、父は死去。派遣社員となり、今に至る。

「今はお一人で寂しいですか?」と話したら「とりあえず一区切りついたのでほっとしてます」的なことを言う。仕事もしているし、賃貸で住み続けてもらうことを提案する。「よかった。猫とホームレスになるところでした」と感謝される。

オーナーチェンジによって初期投資が最小限に抑えられ、安堵する。

はい、ビジネス!! でも、大分年下で僭越だが、新しい生活を頑張ってほしいと思ったのは事実だ。

夫もテキトーに世間話で和ませてる。それなりに、いい仕事をする。夫もゆるキャラだ(ファミレスのビッグボーイのビッグボーイマスコットキャラ・ボビーにそっくりだ)

お互い、とりあえずよかった、とばかりに席を立つ。レジ横の長椅子にポイッっと1万円札を置いて座っていた男の子を心配してか「おっ、こんなとこにお金置いたら、おじさん取っちゃうぞ??」と笑顔のSさん。実際、金がないんだから、シュールな光景である。

モーニングはごちそうした。家賃で返してもらうんだー!!

その場で合意書にサインと印(拇印)もらったし、後日、知り合いの不動産業者さんに賃貸借契約もやってもらった。

そして、1ヶ月目。振込期限は当月7日。入金なし。っておい!!

ショートメールで催促し、ようやく入金があった。

大家さんになって初めての家賃であります!!

不安はちょっと、いや、かなり残るが、おめでとー、わ.た.し!

しかぁーし!!  支払われたのは3ヶ月分の家賃のみ。それ以降、入金は途絶えたのであった。

最初こそショートメールの文面は「入金はまだでしょうか」だったが「家賃さえ払ってくれたら、私から連絡することはありません。年上のあなたに厳しいことを言うのは本意ではございません。期限は守ってください」と指導口調になった。

っておーーーい!! 第1次安倍内閣が提唱した「再チャレンジ」を地で行く、しがない50代後半独身のオッサン(もはやディスる)に与えたチャンス、あっさり裏切るか!?!?

そうSさんはマイホームを競売で失った男である。

実は自己破産もしていた男である。市税も滞納しまくりの男である。期限を守るというルールを守ることができないカラダになってしまったのだ(かつてローンを組むだけの属性はあったのに……)。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。