戸建て1号くん、家賃保証会社に「代位弁済」してもらう

ありがとう、家賃保証会社さま

家賃を3カ月払っただけで滞納し始めたSさん。
ただ、結果的に私は13カ月半、家賃をもらい続けることができた。
家賃保証会社のおかげである。

家賃保証会社の審査通過は必須条件にしていた。
だが、Sさんは厳しく、3社のうち2社は落ちてしまった。なんとか通過したのは、東北資本の多角事業の企業が経営する家賃保証会社である。

代位弁済も簡単手続き

入居者の代わりに家賃を支払うことを「代位弁済」という。
その手続きはこうだ(各社違うらしいので、ご参考程度)

所定の書類に入居者名や物件住所、家賃額、オーナー電話番号・ファクス番号を記入し、翌月入金日の前日までに(入金日の3日以内とか厳しいところもあるようだ)、家賃保証会社にファクスする。

ただ、いざ着手しようとしたら、その所定の書類がない。会社に問い合わせ、郵送してもらった。10枚ぐらいまとめて。

審査手続きは仲介の業者にお任せしたわけだが、そもそも家賃保証会社の資料も書類一式も手元に届いていなかった。一度資料請求したが、無視された。ちょっと会社の対応もいい加減だという印象(その後もマイナートラブルあり)。だから審査も通過したのかな!?

話戻って、その書類をファクスすると、数日後に家賃が振り込まれている!
やったー!

途中から、書類の日付や「●月分家賃」を空欄にした原本をつくり、それをコピーして使い回していた。
もう、この作業が半永久的に続けばよいと思った。

不動産投資にファクスは必須?

ちなみに我が家にファクスはない。
競売の手続きで一度、メールで送受信できる「D-FAX」を契約したわけだが(月約1600円台)、使わない状態が続いたので解約した。
いずれファクスは必要になると思うのだが、今は……会社のファクスを使っている(送信のみ)。
もっと言っちゃうと、メールのやり取りやブログ執筆も会社支給のPCを使っている。
さらに言っちゃうと、仕事中のデスクでブログ執筆や不動産のメールや電話のやり取りをしていることもある!

ナイス、職場!(ここだけの話)

書類のオーナー連絡先のファクス番号は、付き合いのある不動産業者の会社ファクスを書かせてもらっていた。
ちなみに家賃保証会社からファクスが届いたことはなかった。

今もたまにファクス送信が必要なことがあるが、コンビニでやっている。事業規模が大きくなったら、導入する必要があるかな?!

なんせ不動産業界はわりと時代遅れの文化なのだそうだ。

とにかくファクス1枚で「家賃」が振り込まれる。そんな素晴らしき「代位弁済」は実に10カ月続いたが、ついに……。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。