屋根の素材2 金属屋根 アスファルトシングル 陸屋根

金属屋根

屋根に使われている素材の中には、金属で作られたものがあります。
金属屋根と呼びますが、亜鉛メッキされた鋼板を使った屋根です。
金属ですので、長い寿命を持っているように見えますが、耐用年数はだいたい10年から20年しか持ちません。

金属の種類によっても違いがありますが、トタン屋根は最も安く10年もたつと塗装しなければ耐えられなくなります。
ガルバリウム鋼板とステンレス屋根は15年から20年程度で塗装する必要が出てきます。
完全に吹き替えする時期としては、20年から30年です。
屋根の下には、ルーフィングがありますが、やはり同時に交換することになります。
最も高価なステンレス屋根の場合には、耐用年数は50年ほどありますが、これもメンテナンス次第です。

不動産投資の物件としてチェックするポイントは、金属なのでさびがあげられます。
ステンレスはさびませんが、使っている部品がさびるため、チェックが必要です。
穴あきや塗装のはがれ、色あせといった問題もチェックしておけば、耐用年数の割り出しができます。

アスファルトシングル

日本の家屋ではあまり使われてきませんでしたが、アメリカンな風合いを求めてアスファルトシングルを使うところも増えました。
高耐久性を持った素材で、屋根材と防水シートが一体化していると考えればわかりやすいでしょう。
軽量の屋根材でもあり、建物に働く荷重を抑える効果もあります。
重心が下がれば、それだけ地震などでも建物が揺れたりするのを防げるため、副次的な効果も期待できる素材です。
ただし、揺れてしまうとずれてしまう可能性があるため、日本ではあまり使われてきませんでした。

問題点として、傾きが強くなるとずれてしまうため、19度が限界と言われています。
寿命はだいたい30年程度ですが、中にはメンテナンスフリーのものまであるため、事前にチェックが必要です。
葺き替えるタイミングはだいたい30年程度と考えれば間違いありません。
不動産投資の物件としては、かなり長いスパンを持つことになります。

陸屋根

陸屋根は、屋根自体の構造が平らです。
屋上を作ったというかたちになりますが、大きな建物としては屋上緑化ができたりと幅が広がります。
屋根としては少し違いがありますが、防水工事が必要です。
ウレタン防水をはじめとして、さまざまな施工方法が開発されてきました。
ゴムや塩ビといった方法もあり、それぞれで耐用年数に違いがあります。
最も長いものでも20年程度が限界です。
施工には屋根とは違った防水業者が必要で、機械などを持ち込んで施工する場合もあります。

不動産投資でもチェックのポイントは、傷があるかどうかです。
防水層が浮き上がったりしているときには、問題を抱えているのは間違いありません。
部分的な補修が難しい場合もあるため、専門業者のチェックも必要になるでしょう。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。