集金代行契約

家賃を回収する集金代行契約

家賃を回収してもらう集金代行契約

不動産投資で家賃を回収するのは、利益を生み出す根幹といえます。
入居者の募集から始まり、契約や更新の手続きといったことがいろいろと出てきますが、これらをまとめてサービスとして契約できる方法が集金代行契約です。
つまり、不動産投資の大家としての業務を依頼して代行してもらう契約といえます。
管理委託契約のひとつになりますが、サブリース契約とは異なる方法です。

家賃保証をするサブリースとは違う

集金代行契約の大きな特徴は、不動産投資としてノウハウを持っていない個人投資家であっても、一定の管理ができるところです。
自分でできないような管理業務もすべて任せてしまえば、ほかの仕事をしながら不動産投資ができます。
時間や労力を費用として換算する方法ともいえるでしょう。
集金代行という名目以上に広い範囲をサポートしているのが特徴で、家賃の数%で契約できるところがポイントです。

サブリース契約との大きな違いは、空室時の賃料保証にあります。
集金代行契約にはこの保証がありません。
管理会社に借り上げさせる契約で空室のリスクをカバーでき、滞納されても保証されますが、当然のことながらそれだけ家賃からの収益が下がります。
安定した収益を見込める可能性は出てきますが、その分のリスクを持っているのは確かです。
契約も直接おこなわなくなるため、一体だれが住んでいるのか面識もなくなる透明性という部分でも問題があります。

利用はよく考えて

実際に不動産投資集金代行契約のみおこなっている会社は、数は限られています。
そこまで多くの企業がおこなっていませんが、大事なポイントは基本的な権限の部分です。
集金代行契約は、権限はオーナー側にあります。
あくまでも家賃の集金が中心業務であり、入居者の募集や選定はおこないません。
家賃の収入もサブリースより多くなります。
もうひとつ重要なのが、サブリースの契約の更新です。
一定年数ごとに家賃の見直しを進めていきますが、そのときに想像よりもはるかに下がってしまう可能性が出てきます。
思っている以上に家賃収入が減ってしまう可能性もありますし、もしかしたら契約されないかもしれません。
そうなると、予想している収入は激減してしまうことになります。

不動産投資において、家賃収入は大事な源泉です。
ほかに収入を得られない場合が多い以上、この管理をどうするのかは大きなカギを握ります。
一旦落ち込んだ経営を立て直すために深刻な問題を抱えてしまう以上、集金代行契約を含めてよく考えておこなわなければいけません。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。